台風直撃…

いつの間にか、地球の裏側で開催されていたオリンピックも、夏の風物詩の高校野球も終わり、もう8月も下旬なのでした。早く床に就くから翌朝は5時の起床。雨の降り出す前に間にpekoの散歩に出掛けて蕎麦屋の様子を見てくる亭主。隣の工事現場の材木が風で飛ばされないかと心配になったので、東側の雨戸を降ろしておく。蕎麦屋の幟は雨風がひどくなるまではと表に立てておいた。不要不急の外出は控えるようにとテレビのニュースで言っていた朝。

こんな日はお客が来る筈もなかったのだけれど、隠居仕事とは言え店を構えている以上は、むやみに臨時休業と言うわけにもいかない。女将のスポーツクラブこそ、不要不急の外出だけれど、台風の来る前に帰るからと、徒歩で出掛けて行く根性が凄い。近所に住むスタッフも今日は休むと電話が来るかと思ったと言いながら仕事にかかる。サラダも小鉢も最低限の準備で、残った時間はレンジフードの掃除や客席の換気扇の掃除などをして台風上陸を待つ。

昨日打った蕎麦は、そのまま冷蔵庫で寝せてあるから、珍しく今日は蕎麦打ちはお休み。奥の座敷で煙草盆の前に腰を下ろして、お茶を飲みながら外の景色を眺めていると、これが本当に隠居暮らしなのかも知れないと言う気になる。明日は定休日だから、仕込みをする仕事もないのです。店のパソコンでアメダスのレーダー画像を見ながら、ちようど昼近くに台風が上陸するのを知るのでした。店の前の通りを走る車はあるのだけれど、不要不急だから客はなし。

退屈を紛らわせようと、かき揚げの練習をして残っている小鉢を添えて、冷やしたぬき蕎麦を賄い飯で食う。一口サイズにカリッと揚げたかき揚げは、野菜の甘みが出て美味しいのだけれど、意外なことに、冷やしたぬきにはやはり揚げ玉が合う。それでも時間が余るから、厨房にパソコンを持ち込んで、ぽん酢のジュレのレシピを検索する。例によって使えないレシピばかりが多いのだけれど、目に付くものをメモっておく。夏野菜には冷やしたジュレが合う気がする。

ランチメニューも進化の時を待つものだから、開店の折に10個単位で買い込んである松花堂弁当の入れ物を何とか使えないかと考える。日替わりデザートは定着してきているけれど、今度は日替わりランチなどというメニューを作ったら面白いのではないかと思うのです。ただ、問題は、それでなくてもメニューの数が多すぎる霊犀亭。昼の食事に徹するなら、もっと酒の肴の一品料理を減らしてもいいかも知れない。毎日、違う料理を造る楽しみもまたいいかも…。

早めに帰り支度を済ませ、ちょうど雨の止む時間に残った食材を持って帰宅する亭主。家の前の道路に植木鉢が割れて散らばっていたから、女将に片付けてくれるように言うと、「お父さん、植木鉢じゃなくって瓦のようなんだけれど…」と言うものだから、慌てて通りに出てみれば、二階の東南の角の瓦が姿を消していた。人様に迷惑を掛けなくて済んだのが不幸中の幸い。自宅の瓦は10年近く前に吹き替えたばかりなのに、やはり台風の風の威力は相当なもの。

庭やウッドデッキの隅に寄せた植木鉢群には被害はなさそうでほっとするのでした。いつの間にか昼寝をしてしまった亭主がぼうっと目覚めると、朝なのか夕刻なのか判らないから困ったもので、女将が心配して見に来てくれた。夜はプールへ出掛ける日だから、軽く夕食に蕎麦を食べ、雨も風も止んだ夜道を車を走らせる。一人一コースのがら空きのプールで、ゆっくりと呼吸を整える。明日は久しぶりに床屋の親爺様を訪ねてみようか。心地よいほどの饒舌に…。

This entry was posted in 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.