今日もまた冷たい風の吹く晴れた一日だったけれど…

年賀状を仕上げて午前 3 時に床に就いた亭主は、それでも7 時には起き出してpekoの散歩に行くのでした。アップデートしたパソコンに、古い賀状作成ソフトがなかなか反応せずに、対応するのにえらく時間がかかったのです。年末に、喪中の葉書がいつも年の倍以上も届いていたので、小学校からの友人には皆年賀状が出せなかった。朝一番で投函する前に、もう一度見直したら、同じ宛名の賀状が何枚もある。相当に頭が疲れていたらしい。

蕎麦打ち室の室温は 8℃ 、湿度は40%だったから、やはり寒く感じる。それでも、例年よりは暖かいはずなのに、最近の寒暖の差は激しいから、歳を取った身体の自律神経が追いついていかないのだろう。昨日の蕎麦が生舟に残っているから、蕎麦打ちは一回で済むはずだったけれど、打ち終わって冷蔵庫を開けてびっくり。昨日の生舟に蓋がしてない。ペーパーでくるんで布巾で包んではいても、蕎麦は乾いて使い物にならなくなっている。

蕎麦が風邪をひいたとはまさにここのこと。今までに一度もこんなことはなかったのに、やはりここに来て疲れている。今朝は寒いからと久しぶりにデザートに蕎麦饅頭を蒸かした。それが見事に当たって、今日は7 つ 作ってすべてなくなった。昼過ぎから次々とお客がいらっして、やはり寒いからか鴨南蛮蕎麦のオンパレード。鴨肉を解凍して、焼くまでに時間がかかるから、その後のお客には随分待たせた。お蔭でサラダはすべてなくなる。

テーブル席にベビーカーを持ち込んだお客がいたものだから、カンターの奥に人が座れなくなって、直ぐに満席の看板を出す始末。外で待っておられた老夫婦は、とても寒かったと言って入って来たのです。駐車場は満杯のままで、先週に続いて混んだ土曜日でした。ところが、朝打った蕎麦は直ぐになくなって、老夫婦に出して一段落したところで、ただいま準備中の看板を出して、亭主は蕎麦打ち室で蕎麦を打つ。これこそ早打ちの 練習。

ところが、その後もお客が絶えなかったから、打ったばかりの蕎麦の入っていた生舟にはもうあと二食だけ。そして閉店時間までお客がいたのでした。皿や盆を洗う暇もなかったので、暖簾をしまってからも、女将と二人で延々と洗い物をするのでした。幸いに、暖かい汁の蕎麦は丼一つだから、薬味入れや蕎麦猪口も蕎麦徳利もないので楽をした。夜の営業のためには、夕刻にまた蕎麦を打たなければ。3 時に家に戻って餅を焼いて遅い昼飯。

女将に言わせると、例年この時期の週末は混んでいるのだとか。このところ客の少ない日が続いたから、亭主も有り難いことと文句を言わない。パソコンに昼の売り上げと写真のデータ入力をして、30分ほど横になって眠った。もう少し眠りたかったけれど、4 時には蕎麦屋に戻らないと、蕎麦を打つ時間が取れない。なんとか力を振り絞って起き上がり、寒い風の吹く夕暮れ時の通りを、歩いて行くのでした。幟を出して、店の暖房を入れる。

蕎麦を早く打とうとすると、どうしても駒板が余分に動くらしく、幾分蕎麦が太めになってくる。昼に打った時は、切りべら28本で140g になったから、夕刻は慎重に包丁を打つのです。こんな寒い夜にお客は来ないだろうと、豚のハラミの肉を解凍して、切って串刺しにする。海老やメゴチを解凍して明日の分の天麩羅の具材を準備しておく。それでもまだ時間があるから、洗濯機の中の洗濯物を干して物干しごと奥座敷に置いてくるのです。

6 時を過ぎて、少しずつ帰り支度を始めていたら、駐車場に車が入ってきたから、慌ててお茶の用意をして天麩羅鍋に火を点ける。大鍋の湯は沸いているから大丈夫。後は注文を待つだけ。調理や後片付けの面倒なものは嫌だと内心は思ってはいるけれど、この寒い晩に有り難いお客様なのだから、じっくりとメニューを見てもらう。その結果、天せいろの大盛りとおろし蕎麦の注文で、なにか拍子抜けがした。7 時を過ぎて女将が迎えに来る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.