晴れた風の強い一日で…

夕べも遅くまで、蕎麦屋で食材を運んで来る業者を待ちながら、厨房で正月用の黒豆を煮ていたから、結局、夕飯も後から一人で食べるのでした。さっと風呂に入って、寝酒を飲みながらブログを書き上げればもう寝る時間なのです。プールにも行けなかったし、障子の張り替えも、年賀状もまだ終わらせていないから、仕事は溜まるばかり。朝も7 時過ぎに起き出して、やっとpeko の散歩だけは済ませたけれど、ちょっと身体が疲れている。

いつもの時間に蕎麦屋に出掛ければ、庭の金柑はもうだいぶ黄色く色づいている。季節がどんどん移り変わっているのに、自分が上手く適応できていないらしいのが歯痒い気分。夕べのうちに降った雨が道路をすっかり濡らしていた。今日も一日晴れるというけれど、昼からは風が強くなりそうな予報が出ているから、年末の御用納めの金曜日に、どれだけお客が来るのかが心配なのでした。隠居仕事の蕎麦屋のはずなのに、なにか気忙しい…。

今朝は白菜の漬け物がだいぶ味が馴染んできたので、四鉢分だけ取り出して盛り付けておく。隣のガスレンジでは、夕べ長時間煮込んだ黒豆の最後の仕上げをしている。硬さが戻らないかと心配していたけれど、口に入れてすーっと歯ごたえなく食べられるから、大きな鍋で大量に煮たのが正解なのでした。大さじ三杯ほどの醤油を入れて完成です。大粒の丹波の黒豆を使って、甘過ぎずに上品な仕上がりだったから、自分では大満足なのです。

昨日打った蕎麦がまだ生舟には残っていたけれど、今朝もまた一回だけ蕎麦を打つ。蕎麦打ち室の温度は12℃とかなり暖かく、湿度も60%近くあったから、加水率を42%にしたのですが、これも大正解で、今日はまた好い蕎麦が仕上がった。蕎麦の束の切り幅を確認しようと写真に撮ったけれど、上手く均等に切れている。最近は目も悪くなったからか、包丁を降ろす切り口をほとんど見ないので、たまに確かめておかないといけないのです。

例によって平日は三皿の野菜サラダの用意をする。蕎麦打ちと同様に、こればかりは時間の短縮を仕様がないので、今日も途中休憩なしで、次の金柑大福まで作ってしまう。開店前の 2 時間半をノンストップで仕込みをするのは、年々、やはりきつくなってきたのかも知れない。お客の入りが悪い日が続くと尚更です。味噌汁作りや大根おろし、生姜擦りなどの細かな準備は、スタッフがしてくれるから、それでもだいぶ助かっているのです。

今日は昼前から予報通りにとても風が強くなったのですが、その風の中を歩いてご夫婦がいらっしゃった。雲はなく一面の青空だったけれど、吹く風はやはり冷たく感じるのでした。「風で飛ばされるかと思いましたよ」とご主人が笑って言う。二人とも何回か来ているご近所さんだから、迷わずに天せいろのご注文。最近は油の温度が完全に上がるまで、具材を鍋に入れない。天ぷら粉の溶き具合も慣れて来たからカリッとした仕上がりです。

昼を過ぎても他にお客がなかったので、蕎麦を茹でてスタッフとぶっかけにして食べておく。天かすもあまり沢山なかったから、小鉢を付けて食べたらこれが案外美味しかった。玄関脇に置いてある長椅子が風で倒れる音がする。駐車場の幟は風でまくれ上がって、今にもポールが折れそうなくらい。この風ではお客は見込めないのです。お蔭で午後は雲一つ見えない。亭主は薩摩芋を輪切りにしてどんどん皮を剥き始める。栗金団の仕込み…。

正月に食べる栗金団と黒豆だけは、年末に亭主が蕎麦屋で仕込んで置くのが、ここ数年の我が家の習慣となった。作る量も多いから、女将が一度にすべては出来ないのです。輪切りにして皮を剥いた薩摩芋を、水を張った鍋に入れてミョウバンを加えて30分。灰汁拭きをしたら、和包丁の尻で割ったクチナシを入れて、別鍋で柔らかくなるまで茹でたら、これを濾し網で濾す。後は水と栗の甘露煮と砂糖、塩少々を加えて煮詰めていくのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.