寒さが続くと身体の芯まで冷えてくる…

peko も亭主も夜明け前から目を覚まして、近くの公園まで散歩に出るのだけれど、寒さに堪えられずに直ぐに今来た道を戻るのでした。女将はまだ起きてこないようだから、カレーを温めて一人で朝食を済ませる亭主。今朝は「史上最大の作戦」を映画チャンネルでやっていたから、朝ドラも見ないで白黒の画面に釘付けになる。全部見終わらないうちに蕎麦屋に出掛ける時間になって、急いで洗面を済ませるのです。寒いから急ぎ足になる。

蕎麦打ち室の温度がまだ8℃だったから、店の暖房を入れて米を研いだり、正月用の黒豆を煮る準備をしたり、蕎麦打ちを始める前に結構やることはあるのでした。湿度は50%だったから、今朝の加水率は44%。ちょうど好い柔らかさで蕎麦を打ち始める。出来るだけ大きく丸伸しで広げて、均等な厚味になるように四つ出し。本伸しも順調に生地を伸し広げて、八つに畳んで包丁切り。切りべら28~29本で135g 前後といつもと同じ太さ。

二回目に打った蕎麦の生地は少し柔らかくなって、駒板をしっかり押さえていないと、切り幅がずれてしまいそう。まあ好いかとほんの少しだけ、水の量が多かったかも知れないだけで、これほどに違うものなのかと改めて驚くのでした。それでも、厨房に戻る時間までに生舟一箱を一杯にして、今朝の蕎麦打ちは終わりです。平日だしこの寒さだから、あまりお客は見込めないだろうと、今日の蕎麦は15 食以下の数なのでした。多分大丈夫。

小鉢には昨日作った筑前煮と大根のなた漬けを、これも少なめに用意したのです。足りなければまた盛り付けるとして、出なかった場合のことの方が心配なのでした。葱切りを済ませて、野菜サラダの具材を刻み始めたのは、もう11時10分前なのでした。野菜サラダは約30分で終わるから、残った時間で金柑大福を包むのです。定休日明けは、いつも開店前が忙しい。でも、暖簾を出しても、直ぐにお客が来ることは、寒いこの時期にはない。

トイレを済ませて店のシャツを着たら、前掛けの紐をぎゅっと腹の下で縛って、手拭きのタオルを脇腹の紐に通して腰にぶら下げる。店の明かりを点けて、BGMの音楽を流したら、いよいよ暖簾を出すのです。暖かい時期と違って、最近はこの開店前にお客が来ることは滅多にない。だいたい昼を過ぎてからがお客の来る時間帯なのだけれど、今日もそのご多分に漏れず、女性客が一人車でいらっした。後で二人来るからとテーブル席に座る。

しばらくしてまた一台車が駐車場に入って、二人連れのご婦人たちがやって来て、どうやらもう一人後から来ることになったらしく、三台目の車が入ってもう駐車場は満杯なのでした。賑やかなご婦人達は、なかなか注文が決まらない。その間に、お袋様のマンションの方角から、よたよたと歩いて常連さんがいらっしゃる。ビールと付け出しを用意して注文を待てば、天麩羅は止められたと今日は珍しくせいろ蕎麦でサラダと鶏団子の串焼き。

ビールを飲みながら、本を読んでいるから悠々自適の生活らしい。帰りに奥様にも野菜サラダを持ち帰りたいと言うから、天麩羅を入れるパックに入れでご用意するのです。ご婦人達の話し声がありにも大きいので、老人の話す声もBGM も聞き取りにくい。先日行った床屋の親父様が、歳を取るほど女性は好くしゃべると言っていたのを思い出すのでした。元気な証拠だから、他のお客の迷惑にさえならなければと、奥座敷に退散する亭主。

結局、ラストオーダーの時間まで楽しく会話をして、「お騒がせしました」と言って帰られた。車を停められない常連さんが路上駐車をして、年越し蕎麦の予約にいらっした。後片付けをしていたら、夕刻来るはずの業者から電話で、「今日は5 時か6 時になってしまう」と言うから、一度家に戻って昼寝をしたら、4 時過ぎに蕎麦屋に戻って、時間のかかる黒豆を煮始める。洗い物を片付け、駐車場の落ち葉の袋詰めをして時間を潰すのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.