昨日よりも更に寒い一日…

昨日、仕入れに出掛ける時に車に乗ったら、「メリークリスマス、今日は…」といつものように自動音声が案内をしたから、そうだ「クリスマスイヴ」は「クリスマスの夜」だからと思い出したのですが、遠い過去の記憶が戻らぬまま今朝を迎えてしまいました。ウインドス10 のインストールで、なんだかんだと朝の4 時までかかってしまったから、今朝はかなりの朝寝坊なのでした。無料なのは好いけれど、パソコンがだいぶ古いから大変。

女将がもうすぐ出掛けるからと起こしに来て、食堂に行けばテーブルの上に朝食が一式並んでいました。peko の散歩にも行ってくれたらしく、朝食を食べ終えたpeko は湯たんぽを入れてもらい、ゲージに折り畳んで敷いた人間用のシュラフの上で、気持ちよさそうに眠っている。昔はキャンプで寝袋として家族分を揃えてあったけれど、冬の机仕事で腰から下を突っ込んで使うようになり、今は、犬の毛が付かない素材だからと重宝している。

沢山あったはずのに、結婚した子ども達の誰かにやったのだったろうか。思い出しても仕様がない遠い記憶は、忘れたままでも一向にかまわない。朝食を食べた後は家を出て、取りあえず蕎麦屋に行って今朝の段取りを考える。厨房に入らないと次は何をするかが決まらないのは職業病とでも言うのだろうか。スタッフが書いてくれた消耗品の買い出しメモを見つけて、ホームセンターとスーパーまで出掛けて行くのでした。そこで金柑を買う。

10 個ほどしか入っていない大粒のもので、ひとパック400 円だから馬鹿にならないのです。蕎麦屋に戻って、昨日のうちに塩で浸けておいた大根の水を絞ってなた漬けを作り、樽に浸けておいた白菜を漬けもの器に移して、塩と柚子と唐辛子を加えて漬け直す。週末の分の出汁を取る準備をして、午前中の仕込みは終わりなのでした。出汁取りまで終えられれば好かったのだけれど、朝が遅いと結果としてこうなる。パソコンのメンテのお蔭。

女将の帰る前に家に戻って、昼は味噌ラーメンと餃子を作る予定なのでした。新しく入れ替えたガスレンジの三つの火口をフルに使って、肉と野菜の具材を炒めてスープを作り、餃子を焼いて、ラーメンを茹でる。昼になっても寒い日だったから、女将も文句も言わずに美味しいと食べてくれたから好かった。身体が温まったらとたんに眠くなるのは、昨夜のパソコンメンテの影響なのか。一時間ほど横になって眠ったらまた蕎麦屋へ出掛ける。

予定通りまずは出汁を取りながら、隣の火口で蕎麦豆腐を仕込み、一番出汁で蕎麦汁を作って、残りは出汁巻き卵用に計量カップに入れて冷蔵庫で保存する。暖かい蕎麦の汁と天つゆは昨日のうちに作ってあったから、二番出汁は容器に入れてやはり冷蔵庫に入れておくのでした。これでほぼ一時間経過、プールに行く支度はして来たのだけれど、夜の防犯パトロールまでに家に戻るのがやっとの残り時間。大晦日までの今週は長いので大変。

里芋と人参が残っていたから、干し椎茸と蓮根と牛蒡を加えて、久々に筑前煮を作ることにしたのです。蒟蒻も鶏肉もないけれど、小鉢に盛るには多すぎるから、10人分ほどを鍋で炒めて煮込むのです。その間に明日の天麩羅の具材を切り分けて、4 時過ぎにやっと午後の仕込みを完了する。家に戻って一休みしたら、夜のパトロールに出掛けて行くのでした。冷え込みが厳しく、「寒いと言うより冷たいね」と集まった老人達が言っていた。

無事に夜の勤めを終えて家に戻れば、つい先日までは汗だくだったのに、今夜は5 ㎞近くを歩き回ってもまだ寒いと言うぐらい。夕食を終えて書斎に入ってパソコンのスイッチを入れれば、やはり起動までの時間がかかる。最初に検索したのはイスラエルの暦で、かの地では日没が一日の始まりということだから、クリスマスは24日の夜に始まり、25 日の日没前で終わるのでした。遠い過去の記憶がやっと蘇って、ほっとする夕べなのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類. Bookmark the permalink.