北風の吹く晴れた一日で…

peko の散歩で出掛けた日の出前の公園の芝生に霜が降りていたから、今朝も随分と寒い朝だったのでしょうが、4 時半には目が覚めて、居間の石油ストーブで十分に暖まっていた亭主は、ジャージの上着を羽織っただけでも、それほど寒さを感じないから怖い。その温もりがまだ身体を温めているという感覚なのです。peko も同じ寝床から一足遅れて起きて来たから、今日はすたすた3 ブロックを回り終えたら、家に戻って朝食なのでした。

朝食を食べ終えて朝ドラの時間までに洗面と着替えを済ませたら、テレビを見ながら椅子に座ってpeko と一緒にまたひと眠りする亭主。女将に起こされてお袋様を迎えに行くのでした。弟の息子のところで男の子が生まれたという知らせを、本人から電話で知らせてきたというのが、朝一番の嬉しい知らせなのでした。まずは農産物直売所に出掛けたのは好いけれど、昨日の雨で農家も畑に入れないからと、今朝は並ぶ野菜が少ないのでした。

その足で隣町のスーパーに向かって、沢山の食材を仕入れて蕎麦屋に戻ったら、今日のうちに仕込む野菜だけを残して、すべて冷蔵庫に収納する。月末の火曜日だから、そのまま床屋に出掛けたのだけれど、年末だからか随分と混んでいたのです。長男の経営する近くの理髪店から奥様が応援に来ていた。40 年前を彷彿とさせるご夫婦の床屋姿もまた微笑ましい。親父様も奥様も自分も、あっという間の40 年だねと皆で笑って寛ぐひととき。

女将がスポーツクラブから戻るまでにはまだ時間があったから、蕎麦屋に戻って冷凍室にある古いカレーと冷凍してあるご飯を持ち帰って昼飯の準備。蕎麦屋で残った糠漬けの胡瓜と蕪を小鉢に盛って、昨日、持ち帰った人参の切れ端と三ツ葉でスープを作ったところで、玄関の扉がバタンと閉まる音がするのでした。二人で昼を食べ終えたら、今日は頼んであった屋根の瓦職人がやっと来るというので、peko を膝に載せてテレビ映画を観る。

修復箇所を確認して、他の傷んだ漆喰の補修も含め、明後日には直しに来てくれるというので一安心。9 月末の台風の被害なのだけれど、3 ヶ月も順番待ちだったのです。1 時半になって、やっと亭主は蕎麦屋に戻って今日の仕込みにかかるのでした。大根のなた漬けの準備終えたら、長葱をラップでくるんで生椎茸をパックから取り出してビニール袋に詰め替える。次に白菜に塩をまぶして樽に漬け込む。ここで一息コーヒータイムなのです。

一昨日に作ったばかりの蕎麦汁を空になった蕎麦徳利に詰め替え、天つゆを仕込んだら、新しい出汁を取る準備をしておく。それからやっと最後の仕事で、親子丼の具材の煮込みにかかるのでした。今日もBGM の音楽は流さずに、静寂の中を一人で黙々と仕込みを終える。まな板を洗って消毒をしたら、まだ 3 時過ぎだったから、駐車場に剪定して切り落としたままのモミジとヤマボウシの枝を、ビニール袋に詰める作業を開始するのです。

昼はあんなに暖かい陽射しが注いでいたのに、夕刻になって北風も強まり、今夜も冷えそうな雰囲気。30 分足らずで70㍑の袋に一つだけ詰めて、後の作業は明日に持ち越しとすることにしたのです。明日は年末最後の業者仕入れの連絡をしなければいけない。ゴミ回収の業者からも電話があって、大晦日が最後の回収日。あっという間の40 年なら、この一年も瞬く間という気がする。年老いた人間の目にはすべてがそう見えるのかも知れない。

夜は書斎のパソコンをウインドス10にアップデートする作業に追われて、テレビを見る暇もなかった。古いものを新しいものに置き換えるというのは、なかなか大変な作業で、人間の頭の中もきっとそうなのだろうと、時代遅れの感覚を味わうのでした。変えるのが面倒くさいと思うのが歳を取った証拠なのかも知れない。明日の予定は、年末最後の夜のパトロールの前にプールで泳いで、その前に蕎麦屋の仕込みと…と考えながら床に就く。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.