晴れて暖かくなった昼は…

いつになく暖かかった朝だったけれど、昨日の蕎麦が沢山残っていたので、今朝は蕎麦を打たないつもりで蕎麦屋に向かう亭主なのでした。西の空の青色がいつになく淡く綺麗なので、今日は好い日和になるのかも知れないと思う。幟を出してチェーンポールを降ろしたら、早速、厨房に入って夕べ浸けておいた糠漬けの胡瓜と蕪を取り出す。大根のなた漬けと白菜の漬け物もあるから、取りあえず四鉢だけ盛り付けてあとは容器に入れて保存。

蕎麦打ち室の室温も12℃と暖かく、生舟に残った蕎麦の点検をすれば、12食分は十分にあるのでしたが、スタッフと亭主が賄い蕎麦を食べると残り10食。普段の月曜日ならこれでも十分なくらいなのですが、このところ月曜日はお客が多いのです。しかも年末のこの時期は、昨日の寒い日曜日がお客が少なかったので、その反動もあるかも知れない。迷った挙げ句に、使いかけの蕎麦粉の袋に残っていた蕎麦粉の量だけ蕎麦を打ち足すことに。

加水率は43%弱で、しっとりと打ち上げた蕎麦は、量が少なかったから、短めの奥行きで、切りべら32本で135g 前後。均等な厚味で、ほぼ均等な切り幅で、綺麗に仕上がったのです。約15 食の蕎麦を用意して、これで足りなければ売り切れにするしかないと一安心。昨日の蕎麦も上手く打てているから、今日の蕎麦は自信を持ってお客に出せるのです。外は陽が差してどんどん暖かくなって来る気配。果たして、どれだけお客が来るか。

厨房に戻って野菜サラダの具材を刻み、今日も霊犀亭定番の11種類の野菜のサラダを三皿だけ仕上げておく。デザートの金柑大福は昨日包んだものが三皿残ったので、これは十分に柔らかいから今日もお客に出せるので大丈夫。他に開店前の仕込みはないから、今朝は時間の余裕が十分にあったのです。かき揚げを揚げ、海老とメゴチの天麩羅を揚げたら、久々に豪華なぶっかけの賄い蕎麦をスタッフと食べるのでした。至極満足な昼食でした。

十分に陽は差しているけれど、少し雲が多くなったのが気がかりでしたが、昼前にお客が次々といらっして、駐車場も満杯になるのでした。皆さんリピーターの方ばかりで、天気の回復するのを待っていたかのようにご来店。まだ外は寒いのか、最初の女性客だけは暖かい蕎麦でしたが、後はすべて天せいろのご注文で、ご夫婦でいらっした方が唯一の男性客。どうしてかと思うほど、女性客が多いので驚いてしまうのです。蕎麦が足りるのか。

前の畑の向こうに住む常連のお客が顔を出したけれど、店の中があまり混んでいたから、「もう少ししたらまた来るから」と言って、気を利かせてくれました。さすがは年の功。混むのは一時のことだと分かっているのです。ただ、この混み具合で、蕎麦がなくならないかと亭主は心配するのでしたが、ちょうどテーブル席が空いた頃に、仲好しの三人組が自転車に乗ってご来店なのでした。三人ともヘルシーランチセットの天せいろのご注文。

上手い具合に店の空いた時間にゆっくりと昼食を取って、みんなで楽しく話をする。「この間、教えてもらったなた漬けを家でやってみたら、とても美味かったよ」とは、その中の一人。最初にいらっした頃よりは、随分と亭主とも話をするようになったのです。これで今日は終わりかと思ったら、またまた若いお母さんたちがご来店で、暖かいぶっかけ蕎麦と天せいろのご注文。かき揚げの具材は出尽くしたので、天麩羅を載せてお出しする。

それで生舟の蕎麦はすっかり空になって、1 時半には「お蕎麦売り切れ」の看板を出すのでした。久々の完売で、野菜サラダもデザートも天麩羅の具材もすっかりなくなったから嬉しい限り。閉店後に女将が残り物を取りに来たけれど、珍しく今日はあまり持ち帰るものがなかったのです。家に帰ってpekoとひと眠りしたら、プールへ出掛けてひと泳ぎです。空いていたから例によってバタフライから個人メドレー。爽やかな夕暮れ時でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.