暖かく晴れた蕎麦日和なのに…

電線の上で朝日を浴びている鳩よりも少し小さいこの鳥の名前をまだ知らない。夏の頃はホトトギスかと思っていたら、どうも鳴き声が違うようなのです。つがいで近所の大きな木に住みついていたのが、葉が枯れてしまったからか、行くところがないのか。椋鳥やヒヨドリよりは大きな身体だから、見る人が見れば直ぐに分かるのでしょう。知らないと言うことが久しぶりに気になる朝でした。うっすらと朝靄が立って今日は暖かくなりそう。

朝ドラが終わって蕎麦屋に出掛けると、定休日明けだから今朝はやることが沢山あった。米を研いで炊飯器にかけ、二つの大釜に水を張って、幟を出して駐車場のチェーンポールを降ろしたら、まずは白菜のお新香の漬かり具合を見る。まだ、味が馴染んでいないけれど、五鉢だけ盛り付けてみた。糠床から蕪と胡瓜を取り出して、こちらは四鉢だけ盛り付ける。蕎麦打ち室は15℃と暖かく、湿度も62%もあるから、今朝の加水は43%では多い。

計量カップにいつもの分量を計って20cc ほど残して水回しを初めて見た。捏ね始めてみれば、思った通り、これでちょうど好い硬さなのでした。加水率40%ぐらいだろうか。これも経験のなせる技。蕎麦玉を寝かせておく間に、大釜に火を入れて、葱切りを済ませておく。スタッフが来て店の掃除を始めたから、亭主は奥の座敷で一休みです。窓辺の朝の陽射しがいつになく暖かい。一度腰を下ろしてしまうとなかなか立ち上がるのが億劫。

それでも今日は時間に追われているから、蕎麦打ち室に戻って二回の蕎麦を打つのでした。生地の硬さが好かったので、丸出し、四つ出しとも順調にこなして、八つに畳んで包丁切りも切りべら28本で130g 越え。生舟に綺麗に並べて10 時半には蕎麦打ちが終了です。後は野菜サラダと今日のデザート抹茶きな粉の大福を包むだけ。サラダを盛り付けている間に、もう駐車場にお客の車が入ってくるのでした。まだ、開店15 分前なのです。

玄関前で待っているようだったから、暖簾を出す前に中に入ってもらったのですが、見ればたまにいらっしゃるご近所の方。話すのを避けるかのようにいつもカウンターの隅に座るから、こちらも敢えて話しかけないけれど、定刻より早く入っても一言の挨拶もない。「いらっしゃいませ」と言っても、こちらの顔をちらっと見るだけ。それでも、天丼とせいろ蕎麦のセットを頼まれたから、お昼を召し上がってゆっくりとされたので好かった。

続けて昼前にリピーターの女性客が友達を連れてやって来られた。天麩羅にサービスで揚げたキスが美味しいと言うから、「何も季節の野菜がないので…」と亭主が応える。ご自分でも蕎麦打ちを習っていたというから、蕎麦粉も高いし、蕎麦汁も安くはないのだとよくご存じでいらっしゃる。抹茶きな粉の大福を二人で頼まれて、のんびりと話をして行かれた。好く晴れた暖かさだったから、少しは客が入るかと思ったらこれで終わりだった。

1 時を過ぎたら、もう昼を食べに来るお客は来ないだろうと、かき揚げを揚げてスタッフと今朝打った蕎麦を茹でてぶっかけにして食べる。後は遅い昼食を取る通りがかりのお客だけ。早めに店終いをして家にもどれば、女将が「今日は暖かかった」と言う。絶好の蕎麦日和かと思ったけれど、どうもお客の行く方向が違うらしい。大型のショッピングモールは蕎麦屋とは逆方向なのです。近くで美味しい蕎麦を食べたいという客は少ないのか。

頼んでおいた食材の配達を待って、昼寝もせずにプールの支度をしてまた蕎麦屋へ出掛けて好いく亭主。自社ブランドで出したという大型の海老をもらって、来春の値上げに備えようとひと工夫。陽の沈む頃にプールに行けば、今日も随分と空いていたのです。同じコースの人がいなくなったから、疲れていたけれど、最後にバタフライから個人メドレーを泳ぐ。帰りに豚の腸モツのてっぽうと炙り蛸を買って、夜の酒の肴を作るのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.