暖かいけれど予報は外れて…

冬の朝なのに、沢山着込んで寝たせいか、今朝は暑くて目が覚めたのです。隣にはそれでなくても体温の高い peko が寝ているから尚更のこと。7 時前に散歩に出掛ければ、青空が見えているのに、東の方に湧いた筋雲に朝日が反射して、幻想的な朝焼けなのでした。出がけに、「今夜は防犯パトロールがありますから」と、女将に言われて「えっ」と驚いた亭主。先週に引き続いてだから年末は変則的な日程らしい。時間に追われるのは辛い。

蕎麦屋に着いて、剪定途中のモミジを見ながら、今日は続きに取りかかれないかも知れないと、まだ手を付けていない隣のヤマボウシの枝が、伸び放題なのをしみじみと眺める。年を取ったせいか、今日はこれとこれをしようと思っているところに他の予定が入ると、とてもやりこなせないと、もう気が遠くなってしまうのです。何事にも無理をしなくなったからで、それはそれで好いのかも知れないけれど、終わらないからストレスは溜まる。

とにかく、最初にレンジ周りの掃除を始めながら、夕べ寝しなに考えていた今朝の段取りを復唱しておく。午前中の仕込みは、蕎麦豆腐を作って使った鍋を洗いやすくお湯に浸けておいて、カレーの具材を煮込んでいる間に焼売を作ればいいと思っていたのです。そして、残った時間で天麩羅の具材を切り分ければ午前中に終わり。と思っていたけれど、カレーは具材が早く煮えてしまい、ルーを加えたら火を止める。煮込みすぎてはいけない。

具材が溶けてしまっては、カレー蕎麦、カレーうどんで出す際に、見栄えが宜しくないのです。余熱で十分火が入るから、その脇で焼売を作る準備をする。玉葱を大きめにみじん切りにしたら、真っ白くなるまで片栗粉をまぶして、ボールに入れた挽肉 400g にみじん切りの生姜30g 、醤油大さじ2 杯、酒、胡麻油、オイスターソース、砂糖をそれぞれ大さじ1 杯。卵一個を挽肉に入れて捏ねていく。玉葱と混ぜて焼売の具の準備は終わりです。

これを大さじに山盛り一杯ずつ、焼売の皮で包んでいくのですが、ここで饅頭を包む要領が役に立つ。皮に入り切らないかと思うほどの量の具を、大さじで押さえたら、大さじの反対側の先をへら代わりにして、焼売の皮で四隅から包んでいくのです。具が多いから当然包みきれないけれど、後は具材のとろみで形を整え、トレイに綺麗に並べていく。ラップをかけてこのまま急速冷凍室に入れてしまう。これで昼前の仕込みは終了なのでした。

冷凍室に少し残っていた古いカレーは、家に持って帰ってカレーライスにして昼に女将と二人で食べる。辛口の苦手な女将も久々のカレーだから嫌がらずに食べるけれど、いつも亭主がご飯の量を増やして 1.5 人分食べる。冷凍してから 1 ヶ月ほど経っているけれど、まだまだ美味しく食べられる。冷凍期間が長いと、解凍するのに時間がかかるので、店ではなかなか使いにくくなるのです。昼食後はまた peko が膝に乗って来るからひと休み。

それでも今日は予定が押しているので、昼寝もせずに 1 時前にはまた蕎麦屋に出掛けて、残った仕込みをし続けるのでした。明日使う天麩羅の具材を切り分けるのはわけもない。ところが、いきなり玄関の扉を開いて、「今日はお休みなの?」と小母さんが顔を出す。「定休日なのですよ」「月火だったのに変わったの?」「開業以来、同じです。また宜しくお願いします」と、店置きのパンフレットを渡すのです。2 時前にはプールに向かう。

子ども達の水泳教室の前はいつも空いているから、今日もセンターコースで二人で泳いだ。50m を速く泳ぐコースだから、一緒のコースの小母様は、50m で一休み。ノンストップの亭主は、先頭に立てば25m だけでもバタフライで泳げるので、ゆっくりとアップが出来たのでした。再度、店に戻って糠漬けを漬けたら、家に帰って早めの夕食に蕎麦を茹でる。夜のパトロールまでひと眠りして出掛けたら、途中で大粒の雨が降りだした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.