穏やかに晴れた定休日は…

夕べは早く床に就いたはずなのに、朝の8 時半に女将に起こされるまで目が覚めなかった。未明に一度目覚めて暖房のスイッチを入れたら、暖かさでまたぐっすりと寝込んでしまったようなのです。最近、書斎に可愛らしいハツカネズミが出没して、夜中にドアを開ける度に鉢合わせをする。女将に話したら、「金柑も黄色くなってきたから、鳥たちがやって来ているわよ」と笑っていた。駆除対策も施しているのになかなか効果が出ない。

遅くなったから、今朝は洗面もせずにお袋様を迎えに行き、地元の農産物直売所に出掛ければ、蕎麦屋の常連客でもある農家の奥さんが、白菜を持って来たので、早速、四分の一に切ったのを二つもらえば、「あら、そんなに沢山?」と言うから、「店で使うんですよ。霜が降りているから美味しくなったでしょう」と応える亭主。お袋様は店の親父様と話し込んでいる。地元の店はみんな顔見知りだから、そんなのんびりとした好さがある。

お袋様の座骨神経痛もだいぶ好くなったと見えて、近所の友達が誘ってくれたからと、昨日も近くの集会所まで手芸教室に出かけたと言う。話をする相手がいると言うことは、年を取るごとにその有り難さが身に沁みて分かるものらしい。隣町のスーパーにまで足を伸ばして、いつもの食材を仕入れてくるのでしたが、今日はパプリカが一色だけで、好いのがなかった。どうせ、午後から西の町のホームセンターとスーパーに行くつもりだった。

お客が多くても少なくても、営業する5日分の食材は、定休日に一度に仕入れてしまうから、なかなか出費を抑えることが難しい。それでも足りなければ買い足すという数を、経験の中で覚えてきたのです。だいたいそれで済んでしまうから、出来るだけ新鮮なものを選んで買ってくるのです。蕎麦屋に戻ってあらかた冷蔵庫に収納したら、昼前に白菜の塩漬けと、なた漬け用の大根の塩漬けを済ませておく。午後の出汁取りの準備をして終了。

昼はスポーツクラブから帰った女将には、昨日鯖屋で揚げた天麩羅を焼いて、蕎麦を茹でてやる。亭主は朝も食べた夕べのちゃんこ鍋の残りを温めて責任食い。三食続けて食べても、肉や野菜や餅・卵を加えるから、ちゃんと栄養のバランスは摂れている計算。それよりも、午後の仕事の段取りで、頭がいっぱいの状態なのです。まずは西の町のホームセンターとスーパに出掛けて、蕎麦屋で使う消耗品と足りない食材を仕入れてくるのでした。

それでもまだ、出汁取りにはまだ時間が早いから、駐車場のモミジの剪定から始めるのでしたが、これがなかなか難しいのです。帰り道に通った紅葉の綺麗な細道を抜けて、団地の中央通りに戻れば、蕎麦屋はすぐそこです。駐車場にはモミジとヤマボウシと二本の気があるのですが、どちらもかなり枝が広がっているから、剪定には時間がかかりそう。玄関前に置いてある長椅子を持ち出して、座ってじっくりとどこから鋏を入れるか考える。

取りあえず、モミジの枝の下から切っていかないと、上の枝を落とすのにも支障があるからと、切り始めたのはいいけれど、思ったより枝葉の量があるので苦戦。しばらく切っては遠くから眺めて、電線に架かる枝まで落とすのに2時間近くかかった。4時前だというのに、もう陽は傾いている。切り散らかした枝葉の片付けもあるからと、70㍑のビニール袋を厨房から持ち出して、どんどん詰めていくのでしたが、後は明日にしようと断念。

蕎麦屋の脇の小径だけ綺麗に掃いて、続きは明日にすることにして、店の中に戻ってやっと蕎麦出汁の仕込みにかかるのでした。昆布と干し椎茸を浸けておいた鍋の湯が沸くまでに、コーヒーを一杯飲みながら、朝のうちに塩に浸けておいた大根の水を絞って、甘酒の素と砂糖と柚子と唐辛子を入れて、なた漬けを漬け込む。蕎麦汁を仕込んで、天つゆを作ったら、残りは容器に入れて冷蔵庫。家に戻る頃にはもう薄暗くなって 5 時過ぎ…。

This entry was posted in 仕込み, 季節. Bookmark the permalink.