今日も晴天の一日だったけれど…

定休日二日目の朝は、ゆっくりと眠りから覚める亭主。昨夜は、遅くまで日替わりデザートの値上げに関連したスタンドメニューや注文票、メニュー表や店置きのパンフレットを直さなければならなかったのです。たった一つのメニューの値上げにこれだけの労力を割くのは、金柑大福を出すシーズンになるから。一粒 50 円以上もする金柑を、時間をかけて煮詰め、2日かけて豆から煮て濾した白餡で包むことを考えれば、遅すぎた感がある。

洗濯物を畳んだり、昨日の鍋釜の洗い物を片付けたら、蕎麦屋で出す焼酎と炭酸が切れたので、近くのコンビニまで買いに出掛け、早速、午前中の仕込みにかかるのでした。空は何処までも青く澄み渡り、小学校のモミジが綺麗に紅葉していたのが、心地よい眺めなのでした。最初に、蕎麦豆腐を仕込んで、まな板を出したら南瓜の種を取って、天麩羅の具材に合う大きさに両端をカットする。そして均等の厚さで切りそろえてレンジにかける。

南瓜のスライスをレンジにかけている間に、生椎茸の石鎚を落として飾り切りにする。ピーマンと茄子を切りそろえて容器に入れたら、ラップをかけておく。次に玉葱を刻んで水にさらしたら、三ツ葉を刻んで別の容器に入れ、人参を明日の野菜サラダに使う部分だけ切り取って、玉葱と合わせてかき揚げの具材を仕込む。時計を見ながら包丁の手を休めないのが、短時間で仕込みを終える秘訣で、大釜の湯が沸いたら小松菜を茹でるのです。

女将がスポーツクラブから帰る時間まで午前中の仕込みを終えて、家に戻って昼の用意をしなければならない。今日は、月曜日に残った蕎麦一人分しかなかったので、亭主は昨日の夜に食べた鴨鍋うどんの残りに餅を入れて温める。女将には蕎麦を茹でて久しぶりにせいろ蕎麦を出す。厚揚げと鶏団子を焼いてタンパク質もしっかりと出してやるのでした。すべて先週の蕎麦屋の残り物だから、ちょっと引け目もあって親切に対応するのでした。

午後の仕込みは、糠漬けを漬けるだけだったから、一休みして亭主はプールに泳ぎに出掛けるのです。郵便受けを見れば葉書が何枚か入っていたので、玄関に戻って稽古場で書き物を始めた女将に渡すのでしたが、幼なじみの友人のご主人が亡くなったという知らせが入っていたから、二人で顔を見合わせるのでした。今年は喪中の知らせがやけに多く、もう20 枚ほど届いた。亡くなった方々は皆 90 歳を越えた人ばかりで、70 代は若すぎる。

人生、順繰りだとは思いながらも、鬱々とした思いを抱えてプールに出掛けた亭主は、お袋様の元気なうちは自分も頑張って生きなければと、着替えを済ませてプールサイドで準備運動をする。子どもたちの水泳教室の始まる前だから、全コースがフリーの空いた時間だったけれど、何処が一番自分に合うかと見れば、速く泳ぐコースで年配の女性たちが、個人メドレーを泳いでいる。これならついて行けそうだと、亭主もバタフライから泳ぐ。

張り切ったつもりもないのだけれど、何時の間にか女性たちは隣のコースに移って、最後は亭主一人になってしまった。ゆっくりとスカーリングとダウンをしたら、女将に頼まれた買い物をして家に戻るのでした。あまり天気が好いものだから、午後の仕込みは蕎麦屋まで歩いて出掛ける。夜の防犯パトロールがある日だったけれど、皆さん70 代の年齢だから、一回り近く若い自分が疲れたとは言えない。一時間足らず仮眠を取って出掛ける。

2週間日後の土曜日に、「海メロの会」があると知らせをもらったので、また土曜日の夜を臨時休業にしなければならない。これも何かの縁だからと、女将に話せば、クリスマス前の週末は毎年お客が少ないからいいんじゃないという返事。人生いろいろで、夜のパトロールで回った老人が、「俺もいつまで生きるのだか」と言っていたのが、妙に気になるのでした。「死ぬまで生きる」というのが亭主の信条。星の綺麗な夜で、明朝は冷える。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 経営, 運動・健康. Bookmark the permalink.