今日は晴れて暖かい一日…

定休日だというのに今朝も早く目覚めたけれど、床の中でまだ寝息を立てている peko ともうひと眠り。暖かい朝だったから、身体は自然と元気を取り戻して、朝食前の散歩に出るのでした。雲は多かったけれど青空も覗いて、夜中まで振っていた雨は上がっていた。昨日届いた新しい水中カメラのCOOLPIX を、早速、試し撮り。昔はよく使っていたシリーズなのですが、ニコノスが水没して以来、しばらくは Nikon 離れしていたのです。

水深 30m でもハウジングが要らないというのと、思ったよりも価格が安くなっていたので、今回思い切って買い換えてみました。予備のカメラとして使っていたOLYMPUS のToughシリーズも何時の間にかTG-6まで進化して、値段が高くなっていたので、今回水没したEM-5 を買い換えられないのなら、大きなカメラを持って潜ることもないと考えたのでした。所詮、写真展に出すような大きく引き延ばした写真は、もう、夢のまた夢…。

今日は10 時から、裏の石垣の工事の業者が来るというので、お袋様と早めに仕入れに出掛けて、店の厨房に野菜を並べたまま、急いで家に戻る。女将はスポーツクラブに出掛けてしまうし、結局は、亭主でないと細かなことは分からないから仕方がない。PC 擁壁を入れるところまでは見積もりも出たけれど、台所やトイレ、風呂場の排水溝を一旦取り外さなければいけないというので、今後の雨水対策についていろいろと聞いておくのです。

裏の様子を見ながら、新しい見積もりを立てると言うことで、30分ほどで話は終わったから、また、蕎麦屋に戻って午前中の仕込みにかかるのでした。野菜類をすべて冷蔵庫に収納して、大根を切り分けて漬けもの器に塩漬けにして、なた漬けの準備をしたら、出汁取りの準備をして、少なくなった返しを3㍑ほど仕込んで沸かしたところで、昼の時間に間に合うように家に戻るのでした。例によって残り物でカレー炒飯とスープと焼き餃子。

午後の仕込みは出汁取りから始まるから、鍋に浸けた昆布と干し椎茸が水に馴染むまでには時間がある。先日、居間のエアコンの掃除をしたら、調子が悪くなったので、もう一度フィルターを取り外してセッティングをし直したら、あら不思議、ちゃんと動くではありませんか。書斎に入って、次の段取りをあれこれと考えながら、午後の窓辺の暖かな陽射しを浴びて、のんびりとひと眠りする。昼間は青空が広がって、気温もだいぶ上がった。

夕刻になって、女将がpeko を月に一度の病院に連れて行くというので、歩けなくなったから往きだけは、車で送ってやって、その足で蕎麦屋に戻って午後の仕込みを始めるのでした。出汁を取りながら、大根のなた漬けを漬け込んで、一番出汁を取ったら、返しと合わせて蕎麦汁を仕込む。二番出汁を取りながら、蕎麦汁の沸くのを待って、一休み。蕎麦がスローフードだと言われるのは、この出汁取りから始まるからなのではないだろうか。

5 時過ぎに家に戻れば、女将はもう帰って来ていた。蕎麦屋から持ち帰った鴨肉や一番出汁の残りを手渡しながら、今日の工事の打合せについて話をする。排水管を掘り出して、PC 擁壁を埋めた後にまた設置する作業に、2 週間かかるというのが実は大変なことで、家の水回り関係を一切使えないから、その間、蕎麦屋で暮らすしかないだろうと二人で話すのです。暮らすところがない家庭ならば、ホテルででも過ごすのだろうかと苦笑い…。

夜は女将と二人で鴨鍋を突いて一献の亭主。テレビでは首都圏直下地震対策の特集を報じている。蕎麦屋の大釜の水は、普段から満杯にしておかなければいけないと言う亭主に対して、女将は、「2 週間の間、peko は連れて行けないわよね」と違う心配をしている。近いのだから、毎日、朝昼晩と今の家に通ってくるしかないと応える亭主。ちょうど今と逆方向の生活で、朝の散歩に亭主が家に戻ってpeko を連れ出すという具合になるのか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.