また雨の一日…

今朝も5 時には目が覚めて、居間でpeko が煩くしていたから、散歩に連れて出ようと玄関のドアを開けたら雨が降っていたのでした。6 時過ぎまで待って雨の降り止んだ隙間にpeko を連れ出す。いつもなら、もうひと眠りする時間帯なのだけれど、今朝もとうとう眠らず終いで、女将の起き出す前に、peko に朝飯を与えるついでに、雑煮を作って一人で朝食を済ませる亭主なのでした。そして、再び床に入って朝ドラも見ないで横になる。

ちょっとは眠ったのかどうかも分からないまま、まだ、ぼんやりしている頭が少しすっきりとするまで待つのでした。最近は、食べた後はいつもこんな感じなのです。コーヒーを一杯飲んで雨の中を蕎麦屋へと出掛ける。昨日の日曜日は、思ったほどお客が来なかったので、今日は珍しく蕎麦を打たないことにするのでした。生舟には昨日打った一箱分の蕎麦が残っているので、定休日前だし、この天気でお客も見込めないから一箱あれば十分。

蕎麦打ちをしない分だけ時間があるから、今朝はまず糠床に漬けてあった胡瓜と蕪を取りだして切り分ける。天せいろ以外の小鉢の付く料理のお客の数を見込んで、半分だけ盛り漬けておきます。これが、案外と分かりにくいから、来春にメニューの価格を改訂する時には、天せいろにも小鉢を付けようと思っている。「小鉢なし」とメニューには書いてあるのに、天せいろを頼んで「小鉢でも付けてよ」と言うお客様も居なくなると言う計算。

小鉢を仕上げたら、皮を剥いておいた大手亡豆を煮込むのです。十分に柔らかくなったら濾し網に載せて、宮島(しゃもじ型のへら)で少しずつ濾していく。これまでは、500g の量を長い時間かけて濾していたけれど、一度に煮る量を250g に減らしたら、それほど大変な作業ではなくなったから進歩。漉し終えたものを氷糖蜜と砂糖とで水気のなくなるまで煮詰めていくのにも時間がかかる。焦げないように弱火でじっくりと煮詰めていく。

野菜サラダの具材を刻んで、平日だから三皿盛り付けておく。これで午前中の仕込みは終わりだから、蕎麦を打たないと随分と時間が余るのです。仕入れておいた金柑の種をスタッフと一緒に取り出して、酢と水で一度煮詰めたら、氷糖蜜と砂糖で再び煮詰めていく。その間に外に出て、天気の様子を見る亭主でしたが、空は明るくなってきそうにないのでした。タブレットで雨雲レーダーを見れば、昼にかけて激しい雨だと分かるのです。

煮詰まった金柑は冷まして瓶に詰める。大きい金柑はひとパックに10個も入っていないから、ひとパック400円ちょっとで、一個50 円以上する計算。砂糖と氷糖蜜の値段もさることながら、何日もかけて大手亡豆の皮むきや白餡作りをして、金柑の甘露煮を仕込む手間を考えると、やはり150 円では採算が取れないのです。この冬の金柑大福を出す時からは、一つ200 円に値上げしようと決心している。手作りの味を楽しんでもらいたい。

昼からは土砂降りの雨になったけれど、そんな中をお客が来るから不思議で、「一度寄ってみようと思っていた」と、中年の営業マンらしき男性が、天せいろの大盛りと抹茶大福を頼まれて、長いこと話をしていかれた。続けてご夫婦でのご来店で、運転する奥様は車から店の玄関まで傘を差して来るほどの雨の降りようなのでした。二人とも天せいろのご注文で、ご主人は大盛りを頼まれる。こんな大雨の中を三人の客だったけれど有り難い。

客のいない合間にスタッフと蕎麦を茹でてぶっかけで食べる。週の終わりだから、残った天麩羅の具材を揚げて贅沢なひと品。定休日の前の月曜日は、片付け物に時間がかかるから、ラストオーダーの時間になったら直ぐに暖簾をしまって鍋釜を洗い始めるのです。雨の小降りになったのを見計らってスタッフと店を出る。家に戻れば女将は稽古場で半紙に向き合っている。亭主は車を出して、持ち帰り忘れた残り物と夜の酒を店から持ち帰る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理. Bookmark the permalink.