やはり寒い冬の始めの一日…

昨夜は11 時には家に戻ったから、写真を整理してブログを書き始めたのですが、さすがに疲れて30 分で床に就いてしまいました。都内に住む連中と違って家の遠いことが、逆に身体には好いのかも知れないと思うのでした。今朝は5 時に目覚めて、二度寝をせずにブログの続きを書く。食べる量も控えめにしていたし、お酒も普段の量と変わらなかったので、快調な朝なのです。peko の散歩に出掛けて、青空が少しだけ覗く朝の空を見る。

女将の用意してくれた朝食を食べたら、コーヒーを一杯飲んで蕎麦屋に出掛ける。今朝も生舟一箱の蕎麦を打つつもりで、蕎麦打ち室の温度計を見たら8℃、湿度は50%だったので、大釜に水を張って火にかけたり、朝の仕事をし終えて店内が暖まるを待つのでした。10℃を超えたら蕎麦を打ち始めることにしているけれど、やはり寒いから加水の水はお湯に替えて、指先の冷たさを少しでも軽減する。蕎麦粉は冷凍室から出すから冷たい。

今朝もしっとりとした生地に仕上がって、切りべら27~28 本で130g 越えの束にする。毎日が同じ事の繰り返しだけれど、毎日、同じような太さの蕎麦が打てるようになったのが嬉しい。いつも均一な蕎麦をお客に提供出来るのが、蕎麦職人としてのプライドなのかも知れない。駒板をずらす左手と包丁を打つ右手の手先に力が入りすぎると、つい細い蕎麦になりがちだから、そこは要注意。亭主の目も悪いから、切れる蕎麦を殆ど見ていない。

切った蕎麦の幅が少し太いかと思えば27 本を切ったところで止めるし、計量して妙に少なければ、切り足して束に加える。生地の厚味に多少は差が出ることもあるので、打ちむらが出来たと大騒ぎせずに、軽くいなすのが最近の成長か。サラダの具材を刻んだ頃に、早お昼を食べに家に戻った女将が戻ってくる。亭主は、開店の前に三日目の蕎麦が半束だけ残っていたから、小さなお椀に茹でてぶっかけで食べておく。これがまた美味しい。

昨日の午後は仕事が出来なかったので、糠漬けも漬けられなかったので、小鉢の具材が足りない。大根のなた漬けを全部盛り付けてもらっても、五鉢しかなかったから、お客の多い場合は、昨日作っておいた里芋の衣担ぎを温めて出そうと、女将と相談をしていたのです。昼前に賑やかな小母さん連中がご来店で、大きな声で楽しそうに話しながら、暖かいぶっかけ蕎麦を食べたかと思うと、カウンターに並んでいた抹茶きな粉の大福をご注文。

デザートがなくなってしまったら、ヘルシーランチセットが出たときに困るからと、カウンターの陰でまた新しく作っておく。女性のお客は話し始めたら長いから、亭主は奥の座敷に入って一休みです。午後からは陽も差して青空も広がって来たけれど、外気は冷たくお客も少なかったのです。ご近所の常連のご主人が、今日も奥様が出掛けていると見えて昼を食べにいらっしゃる。定刻には暖簾をしまって、女将と二人で家に戻るのでした。

昨日よりはだいぶお客が少なかったから、夜に期待して家で仮眠を取る亭主なのでした。今朝も早かったから、さすがに疲れているのでよく眠れました。4 時を回ったらまた起き出して、蕎麦屋に向かうのです。女将はもうスポーツクラブに出掛けて行ったらしい。夜は若いカップルがいらっして、天せいろと鴨せいろのご注文。若い二人は話が長いから、亭主は片付け物をしながら二人の帰るのを待つ。ラストオーダーの時間になって閉店…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.