クラス会の日…

今朝もびっしりと白い霜が降りて、昨日よりも寒い朝でした。蕎麦打ち室の室温は8℃。湿度は50%。加水率43%で蕎麦を捏ね始める。これで行けるという確信を持って、硬めの生地を何度も捏ねていけば、いつもと同じにしっとりとした感じになって、無事に丸出しまで進むのでした。水回しが上手くいって、生地の硬さが的確ならば、四つ出しも本伸しも均等な厚さで仕上がって、まず間違いなく成功するのです。八つに畳んだら包丁打ち。

今朝も切りべら28本で130g 越え。生舟一箱の蕎麦を仕上げて一休みです。抹茶きな粉の大福を包んで、野菜サラダの具材を刻めば、開店前の仕込みは終わりでしたが、ちょっと早めにお客さんの車が駐車場に入ってくる。外は寒いから、「まだ準備が終わっていないのですよ」と断って、店の中で待ってもらうのでしたが、店に入れば「注文いいですか」と言うから、お客の身勝手なのはいつも同じ。女将も味噌汁を作っている途中なのです。

注文の品を仕上げてお出ししているところに、開店時刻をご存じの蕎麦屋の裏手に住むご家族が4 人でご来店。週末の土曜日は、日曜日に比べてお客が少ないのが常なのですが、今朝は早くからテーブル席が埋まったのでした。天せいろが多いから、用意していた天麩羅の具材がみるみるなくなっていく。蕎麦は沢山用意してあったから、心配はないのですが、今日は夕刻から都内で高校時代のクラス会があるので、早めに店を閉めたいところ。

次々と来店するお客に、どんどん料理を作ってはお出しするので、亭主も女将も休む暇がなかった。ご飯物や温かい天麩羅蕎麦の注文もあれば、鴨せいろの注文もあって、厨房は楽しくてならない忙しさ。お客の数が10人を超えたのは12時半になる前なのでした。これはどこか区切りの好いところで終わりにしないと、片付け物を終える頃には、遅い時間になってしまうと、ひやひやものなのでした。1 時を過ぎた頃にやっとお客が途絶えた。

「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、閉店時刻の間際にいらっしたお客には女将が出てお断りをする。亭主は流しで洗い物に専念している。明日の仕込みもしておかなければならないから、女将が片付け物をする間に、亭主がまた天麩羅の具材を切り分けておくのでした。家に戻ったのは2 時半で、焼いてもらった餅を食べながらパソコンに向かう。女将にタクシーを呼んでもらったけれど、予定していた時刻の電車には乗れなかったのです。

運良く特急に乗れたので、日暮里まで一本で山手線に乗り換える。午後の昼寝も出来なかったから、身体は疲れているのでしたが、一年振りで昔の級友たちと会うのを楽しみにしながら、夕暮れの迫る日比谷公園を夕食会場に向かうのでした。新しいビルが建ち並び、多くの人が行き交う街はさすがに土曜日の夜。園内のあちこちで結婚式の披露宴が行われている。ギリギリ間に合ったかなと宴会場に入れば、まだ幹事しか来ていなかった。

今夜はフランス料理だというので、どんな料理が出てくるのか楽しみにしていたのです。蟹料理にコクのあるスープと肉料理とワインで、思ったよりもあっさりと量も少なくて助かった。集まった級友たちは皆それぞれに楽しく語らっている様子。顔つきを見れば、皆年齢を重ねているから可笑しくなる。自分もそのうちの一人なのだと考えると、人生はあっという間だという思いがしきり。デザートとコーヒーで約2 時間の宴席はお開き…。

二次会は少し人数が減って、駅の近くまで繰り出して恒例のカラオケなのでした。通りを歩きながら回りを見れば、自分たち以外は皆若者たちばかりなので驚いた。普段は年寄りの多い街に住んでいるから、こんなに沢山の若い人たちを見るのも久しぶりなのでした。誰が注文するのか、夜になってもまだ料理が次々と運ばれてくる。ウイスキーをロックで飲みながら、一年ぶりでマイクを握る亭主。明日の営業があるからと早めに電車に乗る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.