初霜の朝…

昨日にも増して寒い朝でした。明け方に目覚めて部屋の暖房を入れたらもうひと眠り。昨日の晩から亭主の布団に潜り込んでいた peko に起こされて、眠い目をこすりながら散歩に出掛ける。今朝は公園のある方角とは反対に向かって歩くものだから、よく眠って元気なのか知らんと、向こうの丘の公園まで足を伸ばしたのです。嫌がりもせずに歩いてくれたお蔭で、一年ぶりに朝日を浴びて真っ赤に染まった紅葉をしみじみ見ることが出来た。

今年は夏の暑さが長く続いたからか、蕎麦屋の紅葉などは色が汚く枯れているけれど、ここのモミジは葉が縮れてはいるけれど綺麗に紅葉しているのでした。やはり剪定をしっかりとする事が大切なのかも知れない。家に戻れば女将が「寒い寒い」と言いながらゴミ出しをしたり、洗濯物を干したりして、いつもより早く朝食が食べられた。朝ドラを見終えて、洗面と着替えを済ませたら、いつもの時間に蕎麦屋に向かう。畑には真っ白な霜が。

蕎麦屋の西側の畑も、霜柱がニョキニョキと立つほどの霜が降りていたのです。蕎麦打ち室の室温は8℃。湿度は48%だったから、他の仕事をし終えてから、蕎麦を打ち始めたのです。加水率は43%。この寒さではちょっと硬いかも知れないと思ったけれど、じっくり捏ねていけばしっとりとした生地に仕上がるのでした。丸出しも綺麗に終えて、四つ出しも均等な厚味で四辺が伸びやかに仕上がるのです。これは好い塩梅だと本伸しに入る。

昨日の蕎麦が生舟に一箱の残っていたから、今朝打つ蕎麦は明日の分の蕎麦になるだろうと、丁寧に仕上げていくのです。綺麗に仕上がった蕎麦は、保存が好いから翌日でも遜色ない蕎麦として出せる。その味を確かめるのに、開店前に賄い蕎麦を茹でて食べている。今日も切りべら28本で130g 越えの蕎麦の束を生舟に並べて、準備だけは万全にしておくのでした。それにしても北風だから足元が冷える寒さで、晴れてもお客が来るかどうか。

暖簾を出してもなかなかお客は来ない。天麩羅の油や天つゆの鍋を温めても、それも冷めてしまうくらいの時間が過ぎる。やっと昼過ぎにいらっしたお客は、天せいろに鴨せいろのご注文で、天麩羅を揚げて天せいろを出す間に、鴨肉を解凍して切り分けたら、塩を振ってフライパンで焼く。グリルで長葱を焼きながら蕎麦汁を作って、少し遅れてテーブルに届けるのです。「美味しいわ」と奥様が一言。蕎麦も茹でたて、鴨肉も焼きたて…。

雲一つない晴天でも、肌を刺すような寒さは尋常ではない。お客の来ない間に、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べ、里芋を蒸かして衣かつぎを作ったり、豚のハラミを串に刺して串焼きの仕込みをしたりと、時間を潰すのには事欠かないのでした。明日は高校時代のクラス会だから、夜の営業は臨時休業にして、昼の営業を早めに終え、日比谷の松本瘘まで出かけていく亭主です。一年ぶりの再会だけれど、みんな元気でいるのだろうか…。

1 時半を過ぎて、もうお客も来そうになかったので、片付けに入る。ラストオーターの時間になったら、暖簾を下ろして幟も終い、大釜の火を消して本格的に閉店の準備。お袋様に電話をして、残った蕎麦を届けるからと、葱や鴨肉にデザートの抹茶きな粉大福を添えて、スタッフと一緒に蕎麦屋を出るのです。陽は差しているけれど寒い午後なのでした。蕎麦屋から歩いて五分ほどの距離だから、お茶を飲んでゆっくりと話をして帰るのです。

スポーツクラブに出掛ける女将に、車の電子キーの電池を買ってくるように頼んで、今日は水泳もお休みにする。便利なのは好いけれど、車のドアが開けられないのではどうしようもないのでした。急に寒くなったので、電池も早く消耗したのでしょう。pekoと二人で家に取り残されて、夕食に何を食べようかと冷蔵庫を開ければ、ほとんど空っぽ。トマトを切って、豚のカシラを焼き、野菜室に残った茄子を焼いて一人寂しく一献の晩です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.