今日も冷たい雨の降る一日で…

<今日も朝から冷たい雨模様。降る雨の合間を見つけてpekoの散歩に出れば、公園の白い山茶花が随分と散っていました。朝食を終えて朝ドラを見終える頃には、また降り出したから傘を差して蕎麦屋まで出掛ける亭主。定休日明けはいろいろと準備が沢山あるので忙しいのです。蕎麦を打つまでに、今朝は昨日作った金柑の甘露煮を砂糖を加えて煮直したから、尚更のこと。試作品を家に持ち帰れば「味に締まりがないわ」と女将に言われた。

氷糖蜜だけで煮詰めたから、すっかり砂糖を入れるのを忘れていたのです。「だからレシピは大事なのよ」と、ここぞとばかりまた言われる。一年振りだから仕方がないのです。白餡と求肥で包む金柑大福の中心の部分だから、やはり甘さも少し濃くなければいけない。砂糖を加えて煮込む鍋の隣の火口で、一晩水に浸けた大手亡豆を茹で上げるのです。沸騰して灰汁を取ったところで冷水にとって、後はお客のいない間に一粒ずつ皮を剥く。

蕎麦も二回打たなければならないから、時間は押していたけれど、冷たい雨の降るこの天気では、あまりお客も期待できない。それでも、1時間ほどで二回の蕎麦を打ち上げて、10 時半には厨房に入る。蕎麦屋に来てからもう2 時間が経つけれど、今日は休憩もなしなのでした。昨夕に浸けておいた糠漬けを取り出して、切り分けて小鉢に盛り漬ける。細い胡瓜にはまぶす塩を少なめに、大きな蕪には多めにして冷蔵庫に入れたのが好かった。

ちょうど好い塩梅で、今日のお客にもお新香が美味しいと言われたのです。野菜サラダの具材を刻む前に、今朝は抹茶きな粉大福を包んでおく。抹茶きな粉が近所のスーパーでは手に入らなかったから、ネットで注文したのですが、送料無料で60g の粉を三袋で3000 円近いから頭が痛い。青豆きな粉に抹茶と砂糖を混ぜて作った方が、若干は安く出来るけれど、手間を考えるとどうか。やはりデザートも今日150 円ではなかなか難しいのです。

メニューの値段を改定する前に、金柑大福を出す今シーズンから、日替わりデザートの値上げをしようと考える亭主。それにしても、コンビニなどで売られている大福の値段を見ると、あまりにも安すぎる。スーパーなどで特売で出ているものも一つ百円以下だから、材料の生産地や大量生産の製造過程はともあれ、200 円で大福一つを出すのはかなり勇気がいるのです。まあ、それが店のレベルということになれば嬉しいのですが、心配…。

今日も11 種類の野菜を刻んで、野菜サラダを三皿だけ用意する。冷たい雨の降っているにも関わらず、市内の遠くからいらっした中年のリピーターらしい女性客が、カウンターの亭主の前に座って、ヘルシーランチセットの天せいろを頼まれたから、亭主が「こんな雨の中を遠くから有り難ます」と言えば、「近くには美味しい蕎麦屋さんがないのよ」と言ってくださった。次の老夫婦は、初めてのご来店らしくて、寒いからと天麩羅うどん。

初めての蕎麦屋でうどんのご注文というのも辛いものがあるけれど、小豆島から取り寄せている手延べ生うどんを茹でて熱々でお出ししたら、「身体が温まった」と喜んでくださったから好かった。客のいない間に今朝打ったばかりの蕎麦をぶっかけにして、スタッフと賄い蕎麦を食べる。こんな天気だから仕方はないけれど、この美味しい蕎麦をお客に食べてもらえないのは残念でなりませんでした。今日もお客は少ないので定刻で早終い。

家に戻って書斎のパソコンに向かっていたら、女将が柿を剥いて持って来てくれた。裏の石垣の修復作業の件で業者から連絡があったらしい。あまりにも寒いので、昼寝をする間もなく、亭主はプールに泳ぎに行く。身体を動かしていないと足元から冷えてくるのは、年のせいばかりではないでしょう。若い水泳部出身らしい女性が一人で泳ぐコースで、例によって400m をノンストップで泳ぎ始める。寒い時期は少し距離を伸ばしても好いか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 経営, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.