群時雨(むらしぐれ)…

pekoの散歩道で出会った真っ赤に紅葉した満天星(どうだん)と、黄色く色づいた蜜柑がとても綺麗なのでした。夜のうちに雨が降った今朝も寒い朝です。少し目を離しているうちにまた降り出すから、この時期の空模様は油断がならない。「今日も天気予報に騙されたわ」と女将が呟くけれど、亭主はなぜか寒さの方がこたえるのでした。お袋様が編んでくれたレッグウォーマーを履いて、いつもの時間に今日も蕎麦屋に出掛けるのです。

厨房もすっかり冷えているから、店のエアコンを効かせて、5 ㍑の大釜で出汁取りを始める。返しを加えて火を入れる蕎麦汁は、それほど必要ないから、3 ㍑の鍋で沸騰直前に火を止めて、残った一番出汁は500cc の容器に入れて出汁巻き卵用に取っておく。そのまた残りは、瓶に入れて家の女将に持って帰る。これがあの美味しい茶碗蒸しの秘密なのです。寒くなったから、天つゆや暖かい蕎麦の汁に二番出汁を多めに作っておくのです。

味噌汁にもこの二番出汁を使うから、冬場は五日間で5 ㍑でも足らないくらいなのです。だから最近は週に二度ほど出汁を取っている。前の晩に昆布と干し椎茸を、水を張った鍋に浸けておかなければならないから、出汁取りのタイミングを忘れると大変なことになるのです。一番出汁と二番出汁とを作るのに、量が多ければたっぷり1 時間はかかるから、今朝も天麩羅の具材を切り分けたり、洗い物を済ませて、たっぷり2 時間の仕込みです。

そもそもが定休日だから、だいたい2 時間も厨房にいると飽きてくる。雨が降っていなければ、モミジの剪定やら他にすることは幾らでもあるのですが、外は冷たい雨が思い出したように降りしきる。女将の帰る昼前には家に戻って昼食の用意。冷蔵庫に残った食材で亭主が作るのは大体が中華風。今日も人参、玉葱、ピーマンを刻んだら、豚肉、海老、イカを炒めて、大鍋を振って炒飯を作り、晒し玉葱と若芽と水餃子でスープの出来上がり。

食後の一休みに横になってみたけれど、今日はどういうわけか眠れそうにないので、早い時間にプールに出掛けることにしました。相変わらず細かな雨が降り続いている。車に乗ろうとしたところに、外構の工事の担当者が通りかかって、裏の石垣の修復工事の見積もりを持って来た。石垣はすべて取り外してプレキャストの擁壁を並べるという手法らしいのですが、考えただけでも大変な工事で、見積額も半端ではないので頭が痛いのでした。

問題はその工事で、今回のような裏の畑からの流土・流水を防げるのかと言うこと。擁壁の向こうに水が溜まったり、隣の家などに雨水が流れ込むようなことになってもいけないから、十分に施工業者と相談をしなければ。昼過ぎのプールは空いていた。速く泳ぐコースには年配の女性が一人だったので、準備運動を済ませて400m をノンストップで 3 種目半。ゆっくりと泳いでスカーリングでダウンをする。買い物を済ませたら一度家に戻る。

いつになく時間が早かったから、すぐに蕎麦屋に出掛けてもまだ糠漬けを漬けられないのでした。漬けものは気温と時間と塩梅だから、室温はこのところ15 度前後だからいいとしても、3 時に漬けてしまうと、この時期では朝の 6 時か 7 時には取り出さなくてはならない計算。自宅で漬けるのならば簡単だけれど、近いとは言えその時間にわざわざ蕎麦屋に来るのも大変です。妙案として、発酵の速度を落とそうと糠床を冷蔵庫に入れておく。

やっと店頭に出始めた高い金柑を仕入れたから、今日は半分だけ甘露煮にする。金柑の種を一つずつ細い串で取り出すのも手間だけれど、隣の鍋には大手亡豆を水に浸けてある。こちらは明日煮て一粒一粒皮を剥き、濾して白餡にするのだからもっと大変。今年の初物だから、ひと瓶女将に持って帰り、夜はプールの帰りに買って帰った豚のカシラを串に刺して塩焼き。トマトとホウレン草を添えて一献。これが亭主のささやかな夕食なのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.