昨日よりも更に暖かく…

pekoの散歩に出ようと玄関の扉を開ければ、昨日まで綠の葉を付けていた木槿の木が一斉に落葉していたから驚いた。急激な気温の変化なのだろうか。今朝もそれほど寒くないのに、自然の移ろいにはついて行けない。通りに出ればもの凄い霧で、100m 程しか離れていない公園の辺りも白く霞んでいるではありませんか。こんな日は霧が晴れれば晴れてくると、長い経験から思っていたけれど、天気予報では午前中から雨と言うから不思議。

朝食を済ませたpeko は寝場所を捜してウロウロと部屋の中を歩いている。亭主が食事を済ませて居間の椅子に座ると、側に寄ってきて「膝に載せてよ」と、じっとこちらを見つめるのです。もう自分の力では椅子に飛び乗ることが出来なくなったから、年寄りを労る思いでフットレストの上に上げてやると、鼻をこすりつけていつもの体勢で眠り始めるのです。主人が洗面に立つ頃には、今度は食堂で朝ドラを見る女将の膝に乗って眠るのだ。

定休日前の月曜日はこのところお客が少ないけれど、いつもの習慣で小麦粉と蕎麦粉を750g で計量してしまう。昨日の生舟にはまだ蕎麦が残っているから、そんなに沢山は打たなくても好かったのですが、今日はこれが幸いして月曜にしては多い客に対応できたのです。蕎麦打ち室は18℃もあって、湿度も70%だから少し加水を控えれば好かったのに、これもいつもの習慣で43%にしたら、やはり少し柔らかめの生地に仕上がってしまった。

打ち粉を多めに振って丸出し、四つ出し、本伸しと順調にこなしたけれど、柔らかい生地の時に陥りがちな、伸しすぎに配慮しすぎたからか、薄くなりすぎないように手加減したら、均等に若干厚味のあるまま畳んでしまったらしい。包丁打ちの時に切りべら28 本では 140g を越えてしまうから、27本にして一束を130g 後半に押さえるのでした。打ち粉も多めだったから、それでちょうど好いのだけれど少し太めの蕎麦に仕上がるのでした。

野菜サラダの具材を刻んでもまだ11 時前だったから、スタッフと太めに仕上がった今日の蕎麦を茹でてぶっかけにして食べる。毎日蕎麦を食べていると、切りべら一本の差は、確かに太く感じるから恐ろしい。それでも歯ごたえがあるから美味しく感じるけれど、お年寄りには少し喉越しが悪いかも知れないと心配する。開店前に電話が入って、昼過ぎに4 人で行きたいとのことだったから、どうせ空いているからと快く「お待ちしています」

ところが、そんな今日に限って、昼前からお客が続いたのです。テーブル席が一杯になったので、電話の方たちがいらっしたら、カウンターで食べてもらうしかないと思いながら調理を続ける。殆どの方がリピーターさんでしたが、外は陽も差してきて温かいのに、やはり暖かい天麩羅蕎麦やぶっかけの暖かい蕎麦が随分と出たのです。蕎麦猪口も蕎麦徳利も要らないから、洗い物は簡単だけれど、温かい汁を作り足さなければならなかった。

最後のお客が帰って、1 時半になったら残った具材で天麩羅を揚げる。蕎麦は生舟に四 束ほどしか残らなかったので、スタッフとお袋様に分けてやるのでした。青空が広がって気持ちの好い暖かさだから、お袋様も蕎麦屋まで取りに来るというので、なた漬けの残りや蕎麦と天麩羅、作ったばかりの温かい汁を容器に詰めて持って行ってもらう。少し遅れて女将も残り物を取りに来たから、今日はビニール袋に一つだけ持って帰らせるのでした。

2 時半には家に戻り、書斎のパソコンに向かって、今日の売り上げデータや写真を入力する。女将が柿を剥いて持って来てくれた。幼稚園の園児を連れた若いお母さんたちが帰って行くのが出窓から見える。いつもならここでひと眠りなのだけれど、今日はプールへ行こうと決めていたから、早めに家を出てひと泳ぎ。速く泳ぐコースが空いていたから、マスターズの選手らしき小母さんと一緒に、スピードを上げて気持ち好く泳ぐのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.