当てにならない天気予報…

終日曇りだとの予報も外れて、冷たい雨の降る朝でした。pekoの散歩もほんの少しの距離だけで、いつもの時間には蕎麦屋へ出掛ける亭主。昨日の洗い物を片付けて、洗濯物を干したら、お袋様を迎えに行って、団地の西の外れにある農産物直売所まで車を走らせるのです。開店の時刻には、近所の農家が新鮮な野菜を運んで来ているのでした。大根、玉葱、キャベツ、人参など嵩張るものはここで仕入れて、隣町のスーパーまで足を伸ばす。

今日は買い物リストの約 40 品目がすべて手に入ったので、早速、蕎麦屋に帰って冷蔵庫や戸棚の中に収納するのです。月末だから午前中に、床屋に散髪に行こうと決めていたから、今日の仕込みは午後からということになる。雨の降る中、隣町のいつもの床屋に出掛ければ、親父様が一人で暇そうにしていた。亭主よりも一回り近く年上なのに、いつも元気で話題が豊富なのが嬉しい。年を取ると少年に戻ったように気持ちが澄んでくるのか。

女将がスポーツクラブから帰る前に家に戻って、朝のうちに昼のメニューを話し合っておいたから、亭主が餃子を焼いて中華鍋で残り物の野菜を肉と炒めてあんかけを作る。女将が帰る時間には、ラーメンを茹でてうま煮ラーメンの出来上がり。三つ口のガスレンジが新品になったので、全部の火口を一斉に使い、一度にいろいろ出来るから楽しいのです。外は気温10℃の寒さだったけれど、身体が温まり、額から汗まで出てくる始末でした。

食後にひと眠りしてそろそろ午後の仕込みに出掛けようと思っていたら、9月の台風で飛んだ屋根の瓦の修理の再見積もりが出来たと業者が書類を持ってやって来た。保険屋が応急修理の代金は保証の対象ではないと行って来たから、そのまま業者伝えておいたのですが、なんと前回よりも30万円も安い値段で見積もりを持って来たから驚きです。床屋の親父様は、自分で二階の屋根を直したと言っていたけれど、今の亭主には出来ないこと。

直ぐに蕎麦屋に出掛けて、なた漬けをつけたり親子丼の具材を煮込んだり、今日のうちに出来る仕事を片付けておく。終日曇りの天気予報だったのに、雨はまだ止みそうにない。帰りがけに、家と店のトイレットペーパーを買いに駅前の雑貨店を回って、ついでに夜は湯豆腐だというので生ぽん酢を買って帰る。蕎麦屋で残った一番出汁を使って、最近はよく茶碗蒸しを作る女将。今夜は店の昆布をもらえないかと言うので、日高昆布を一枚…。

亭主は昨日買って帰った豚のてっぽうを生姜と一緒に茹でて、串に刺し、モツ焼きにして一献。大根のなた漬けの先週の残りもあったから、質素だけれど見事な冬の味わいなのでした。それにしても、茶碗蒸しの味が好いから、蕎麦屋の出汁は馬鹿に出来ない。もっと他の料理にも活用しなければと反省するのでした。書斎に入ってブログを書き始める亭主と、食堂でpekoを膝に載せてうたた寝する女将。一息入れて亭主がお茶を入れてやる。

夕食後に一休みしたら、風呂の時間までにはまだ時間があったから、また蕎麦屋へ出掛ける亭主。昼の間にやり残したのは、出汁取りの準備をしてこなかったこと、5㍑の大鍋に水を汲んで昆布と干し椎茸を浸けたら、昼に塩で押し漬けしておいた大根の水を絞って、なた漬けの仕上げの仕込みを済ませる。甘酒の素、砂糖、柚子、唐辛子を入れ、十分に揉んでまた押し漬けしておく。厚揚げ田楽の味噌ダレも作ったままになっていたので収納。

金柑が手に入ったから、大手亡豆を一晩水に浸しておかなければと、行くときには覚えていたのに、家に戻ってそれを思い出す。まったく最近は物忘れが激しい。他の事を考えているともうその前に考えていたことを忘れてしまうから、今夜も帰る段になって店の玄関の戸締まりをしたのに、『いま鍵をかけたかしら』とまた戻って確かめる始末。頭がちゃんと活動している時と休んでいる時との境目が、段々と怪しくなっているようで怖い。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.