今日も終日の雨で…

昨日よりは少し暖かい朝でしたが、女将は「寒くて鼻水が出る」と言っていました。朝から雨だったから、pekoの散歩にも出られず、憂鬱な気分なのでした。朝ドラをしっかり見終えてから、洗面と着替えを済ませ、今朝はゆっくりと蕎麦屋に向かう亭主なのです。昨日の蕎麦が生舟に残っているので、今朝ももう一箱分だけ打てば好い。その代わり、昨日持ち帰った蕎麦を、夕べの夜食と朝食で食べる亭主なのでした。味は抜群なのですが。

傘を差して蕎麦屋まで歩いたら、昨日濡れたままの幟を玄関前に立てかけてあったので、そのまま外に出して、チェーンポールを降ろす。蕎麦打ち室の室温は15℃とやけに暖かいのです。湿度は60%だったから、今朝も加水率43%で少し柔らかいかと心配したのだけれど、これがちょうど好い加減。綺麗に地伸しを終えたら、伸し棒で丸出しをして、四つ出しも順調にこなすのでした。やはり、地伸しの段階で均一な厚さがもう決まってくるか。

切りべら28本で135g ほどの蕎麦の束が出来るから、気を抜かずにこれを繰り返せば今日の蕎麦は仕上がる。太さも均一で良い仕上がりなのでした。毎日がこの繰り返しだけれど、この繰り返しこそが蕎麦打ちの上達の秘訣だろうと最近では思っているのです。自分で食べても、新蕎麦の弾力とほのかな甘みは感じられるから、味の分かるお客なら納得してくれるはず。外は朝からの雨だったけれど、お客が来れば好いのにと思うことしきり。

昨日と一昨日は、かなり寒い一日でしたが、今日は雨でも少し暖かい。それに勤労感謝の日だから、週末のしかも旗日だから、もしかしてお客があるかも知れないと、しっかりと開店前の仕込みだけは済ませておくのです。果たして、開店直後には電話が入って、蕎麦屋までの道順を尋ねるお客。少し遠い頃からいらっしゃるようだったから、「お待ちしています」と受話器を置いて、女将が早お昼から戻ったところで、ぶっかけ蕎麦を食べる。

昼前にご夫婦でいらっしたお客に、「お電話の方ですか」と尋ねれば違っていた。同じ団地に住んでいらっしゃるらしかったけれど、近所に上手い蕎麦ないので来てみたとカウンターに座られて、「お勧めは何ですか?」とおっしゃるから、「皆さん天せいろを頼まれますね」と応える亭主。蕎麦好きらしいご亭主が、いろいろと蕎麦の話をするのだけれど「蕎麦も好みがありますから」と言えば、「この太さが美味しい」とおっしゃるのです。

また食べに来てくれれば、お世辞ではなかったと分かるはず。昼を過ぎてやっとさっきの電話の主が友だちといらっして、ヘルシーランチセットの天せいろのご注文。先日の台風で大変な被害のあった市内からいらっしたそうで、いろいろと生々しい話を伺った。デザートの抹茶きな粉の大福が気に入ったらしく、残っていた皿の大福もすべてお土産で持って帰られた。初めてのお客なのに、「また友だちを連れてきますね」とおっしゃる。

閉店間際には女将の友だち二人が来店して、例によって閉店時刻を過ぎとまでゆっくりと話をしていった。雨の中を1 キロ以上も歩いていらっしたと言うので、他のお客も帰った後だったから、コーヒーをサービスでお出しした。外は相変わらず本降りの雨だったけれど、やっと生舟一箱が捌けて有り難かったのです。昨日に比べると少し温かい雨の日のような気がして、女将と家に帰りながら、その日の気温も関係するのかなと思うのでした。

家に戻って30分ほど横になって眠ったら、また雨の中を蕎麦屋に出掛ける亭主。こんな日にはお客もないだろうとは思うのだけれど、定休日以外は休まないのがけじめだから。大釜に水を張って火を入れたら、昼の洗い物を片付けて、蕎麦豆腐を仕込んだら、昼のうちに大根を切って塩漬けにしておいたのを、水を切ってなた漬けを仕込む。お新香も新しく漬け直してもまだ開店の時刻前。お客のない夜はこれからが長いので暇をもてあます。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.