朝から冷たい雨の降り続く一日…

雨の小降りだった早朝にpekoの散歩に出掛けて、急いで家に戻ってきた亭主。昼から雨の予報だったのではないかと思いながら、朝食を済ませて傘も差さずに蕎麦屋に出掛ける。息の白くなるほどの寒さだから、このままでは今日はお客は見込めないと考える。昼も気温が上がらないというので、朝の仕事をこなしながら途方に暮れる。それでも蕎麦を打たないわけにはいかずに、明日も使えるからと生舟に一箱だけ打つことにしたのです。

蕎麦打ち室の室温は12℃、湿度は50%だったから、昨日と同じ43%の加水率で、今朝もしっとりとした生地を捏ねていきました。でっち上げた生地を潰して両掌で地伸しを始めれば、手の大きさが届かない中心付近が蕎麦玉の高さで残るのです。これを平らにして均していけば地伸しの終了。後は伸し棒を使って丸出しを開始するのですが、案外とこの地伸しの際の均一な厚さと正確な丸さが、後の作業に影響を及ぼしてくるから怖いのです。

無事に包丁打ちまで進んで、今日も切りべらが28本で130g 越えの蕎麦の束を作っていけば、昨日残った生舟の蕎麦が幾つあったかが気になってくる。スタッフと二人で賄い蕎麦で二束食べるとしても、残りは明日は店でお客に出さないから、せめてそのくらいの数のお客が来て欲しいもの。傘を差してスタッフがやって来て「今日は寒いですね」と言うので、いくら蕎麦好きとは言え、わざわざこんな日に蕎麦屋に来るお客はいないと思った。

それでも開店前の仕込みを止めるわけにもいかず、抹茶きな粉をまぶした大福を四皿だけ包んでおく。昼になるに従って雨はいよいよ本降りになってきたけれど、野菜サラダも三皿しっかりと盛り付けて、カウンターに並べるのでした。蕎麦打ちが一回だから11 時前には開店準備が終わったので、数に余裕のあった南瓜とメゴチと、三つ葉の天麩羅を二人分だけ揚げて、蕎麦を茹でてぶっかけにして食べるのでした。新蕎麦の美味さが光る。

熱々の天麩羅は淡泊なメゴチの味わいとほくほくの南瓜の甘さ、香りのある三ツ葉が蕎麦汁に馴染んでコクを出している。昨日打った蕎麦は、一日経ってもしっかりと新蕎麦の弾力と甘さがあるから嬉しいのです。その場で作ってくれるのなら、この雨と寒さに関わらず「美味しい」と言って食べるだろうけれど、この雨と寒さの中を蕎麦屋まで行くというのが、大きな障害となっているとつくづくと思うのでした。出前があれば注文するかも。

こんな天気の日には、店を開けずに休みにしてしまえば好いと思うこともあるけれど、万が一にも、お客が来れば「いつやっているか分からない蕎麦屋」というレッテルを貼られかねない。雨の日も雪の日も定休日以外は店を開けているからこそ、安心して通ってこれるのだろうと思い直すのでした。開店休業のまま、時間が過ぎていくのをじっと待っている亭主とスタッフ。退屈でも話し相手があるだけ気が紛れるというものかも知れない。

そのうちスタッフは厨房の拭き掃除を始め、亭主は明日の仕込みを開始する。里芋を沢山仕入れてあったから、上下を揃えて切り落として蒸かし釜で蒸し上げる。大きめの小鉢に並べて衣かつぎとして出したらどうかと考えたのです。一鉢200円。自分だったら酒の肴にでも注文するのだけれど…。そして、豚のハラミを解凍して切り分けたら、串に刺して串焼きを仕込んでおく。これも酒の肴には絶品。ひと串150円ではちょっと安すぎるか。

早めに暖簾を下ろして家に戻れば、雨はいよいよ本降りで、女将が書斎にやって来て「今日はスポーツクラブをお休みにします」と言う。珍しい事だけれど、雨の降る上にこの寒さでは、風邪でもひいたら困ると思ったのだろうか。亭主も同調して、プールもお休みにした。二人で早い時間に夕食にして、亭主は買ってあったカシラを串刺しにして塩焼きで一献。これも蕎麦屋で出そうと考えているのです。相撲中継を見終えても雨は止まない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.