晴れたのに寒い一日で…

peko の散歩に出た 6 時半過ぎの空はまだこんな明るさで、昇ったばかりの太陽はまだ公園の森の中にありました。久々に寒いと感じる朝はこの時期一番の冷え込みなのだとか。定休日明けの準備をするために、早めに着替えと洗面を済ませて、朝ドラを見終えたら直ぐに家を出る亭主。青空は広がっているものの朝の雲がたなびいて、それほど風はないけれど空気が冷たいのです。幟を立て、チェーンポールを降ろし、新聞を取るのが朝一番。

次に夕べ漬けた糠漬けの胡瓜と蕪を取り出して、切り分けて小鉢に盛る。大根のなた漬けもあるから、四鉢分だけを漬けておきました。それから南側のミニ菜園に出て、今日の薬味の分葱を抜いてくる。太いものを選んで根から抜き、一本一本丁寧に洗って刻んで水にさらします。取り立ての分葱は匂いが濃厚で、薬味には持って来いの野菜なのです。この時期にスーパーで買えば、ひと束 140 円ほどするから、ミニ菜園も馬鹿には出来ない。

蕎麦打ち室の気温は12℃、湿度は45%だったから、今朝は43%の加水でも足らないかも知れないと思いながら、恐る恐る加水していく。水が多すぎると生地が柔らかくなりすぎるし、ここが一番の考えどころ。何度も捏ねてなんとか生地が柔らかくなってきたので一安心でした。切りべら28本で、いつものように、130g を越える蕎麦の束が次々と出来上がる。蕎麦打ちの二回目は少し水を多くして、無理のないように捏ね方を終えるのでした。

どうしても二回蕎麦を打つと10 時を回ってしまう。次の仕込みは野菜サラダの具材を刻むことだから、野菜を全部まな板の回りに出してから、ちょっとだけ気分転換に奥の座敷で一休みする。包丁で細かな切り物をするのは、やはりそれなりに集中力が必要なのです。今回のレタスは好いものが手に入りました。重さと葉の色で巻きがしっかりとしているのが分かるのです。キャベツも小振りだったけれど、葉が柔らかく当たりなのでした。

パイナップルはいつもとは買った店が違ったけれど、サンキストのかなり大きなものだったので、中身はどうだろうと思ったけれど、値段表に出ていた通り「激甘」なのでした。サラダの野菜も一つ一つ吟味して来買っては来るけれど、たまに粗悪なものがあったりすると、がっかりとするのです。まあ、スーパーで買っているから、その店の仕入れに頼っているわけですが、安く好いものを手に入れるのが一番。野菜を見る目が育ってくる。

スタッフが漉し餡を丸めておいてくれるので、亭主は白玉粉を氷糖蜜と水で溶かして火にかける。隣の火口では、味噌汁に入れるサラダ用の若布をさっと湯がいて水にさらす。白玉粉が餅状態になってきたら、火を止めて小さなお玉でぐるぐると捏ねていく。抹茶きな粉にまぶして一つずつ餡玉を包んでいくのですが、これが熱々で掌は火傷状態。平日だから四皿分だけ包んで、天麩羅の鍋に油を入れて温め始める。暖簾を出す前にお客が来た。

ビールとせいろ蕎麦の大盛りのご注文で、蕎麦好きらしいのが直ぐに分かる。晴れてはいるけれど外は寒いのに歩いていらっしたから、ご近所の親父さんなのでしょう。続けて、男性二人がご来店で、こちらは鴨せいろの大盛りときた。「新蕎麦になったの?」と聞かれて「先週から新蕎麦です」と応える。こちらも蕎麦好きと見えて、いろいろと話かけてくる。小鉢で出したなた漬けが美味しいと言う。大福を一人二つずつお土産で持ち帰る。

お客のいない間に食べるぶっかけ蕎麦の具は、メゴチの天麩羅とかき揚げ。寒いから、蕎麦好きのお客しか来なかったけれど、新蕎麦の味わいは堪らない。客もいなかったので、早めに暖簾を下ろす。天麩羅油と海老や鴨肉を発注してあったので、業者の来る時間に再び蕎麦屋へ出掛け、その足でプールに泳ぎに出掛けました。今日は平泳ぎの達者な老人が一緒だった。帰りに炙り蛸とてっぽうとカシラを買って、相撲を見ながら一献の晩です。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.