霧の朝…

霧の深い朝でした。自然の現象をどう感じるかは、人間の情操のなせる技でしょうが、亭主にとっては自分の置かれた現在の立場を再認識させるには十分なのです。神秘的で美しい風景としてではなく、五里霧中の状態の象徴としてしっかりとしなくてはと思うのでした。pekoを散歩に連れ出して、3ブロックほどを回って家に戻り、ムラ食いと女将に言われて、サイエンスダイエットの餌を食べないからと、違う餌を探しにスーパーに行く。

朝食後に蕎麦屋に出掛けようと支度をしていたら、先日、相談に行った地元の業者から電話が入って、家の様子を今から見に来ると言う。早い対応に感謝しながらも、裏の畑から雨水が流れ込む石垣の状態を見てもらったら、「これは全部作り直さなければ、問題は解決しませんね」と言われた。床下浸水のことはそっちのけで、大谷石の石垣をまた組み直すか、コンクリートブロックで垂直な壁を作らなければいけないと言うが、これが大変。

重機を入れなくてはならないから費用も桁外れだし、雨水の流入を防ぐために自宅の外構を修繕すれば、今度は裏の畑の土地が更に低いお隣の土地に水は流れ込むというのです。「しばらく時間を頂きます」と言う担当者に、「来年の台風の時期までに何とか出来れば好い」と応える亭主。こちらも女将とじっくり相談をする時間が必要なのでした。蕎麦屋に行ってまずは珈琲を一杯入れる。さすがの亭主も抱えた問題の大きさに驚いたのです。

霧が晴れたかと思ったら、気温が上がったからか近隣の畑からは湯気が立ち上っていました。取りあえずは、蕎麦豆腐を仕込んで、天麩羅の具材を切り分けていく。生椎茸もピーマンもナスも南瓜もいんげんも、今週は新鮮で好いものに恵まれたから嬉しかった。厨房の室温は17℃だから、やはり季節は移り変わっているのです。蕎麦粉と米の発注をし終えたら、今度は出入りの業者に海老と山葵を持って来てくれるようにお願いするのでした。

かき揚げの具材や味噌汁に添える三つ葉も、新鮮でないとなかなか日持ちがしないのですが、今週はやはり新鮮なものが手に入ったから嬉しい。昼前に家に戻って、女将がスポーツクラブから帰る前に、昼食の支度をするのは亭主の仕事。今日は冷蔵庫にあったラーメンを使おうと、冷蔵庫に残っている野菜や肉を使ってうま煮ラーメンを作りました。蕎麦屋の亭主だからなのか、食べることになるとなぜか元気か出てくるから不思議なのです。

昼食後に一休みをすれば、いつもならプールに泳ぎに出掛けるのだけれど、今日は心配事が多いからそんな気分ではないのでした。そんな時こそ身体を動かすのが大切だと分かってはいるけれど、夜も5000歩を行軍する防犯パトロールがあるので、蕎麦屋まで歩いて糠漬けを漬けに行く亭主なのでした。茄子と蕪と胡瓜を漬けて、珈琲入れてゆっくりとして、万が一、蕎麦屋に越してくるとなると、またもやいろいろな問題が起こると考える。

夕刻が迫って、pekoを散歩に連れ出したら、空一面に鱗雲が見えていたのでうっとり…。今回の台風や大雨の災害も自然のなせる技だけれど、美しいと思わせるこの空も自然。所詮、人間は自然の一部だと志賀直哉も小説に書いたのではなかったか。晩のおかずはサンマだと聞いていたから、今夜は夕食を我慢して夜のパトロールに出掛ける亭主。先輩の老人達の集まる中を、彼等の話に耳を傾けるのでした。涼しくなって参加者も減ったとか。

とっぷりと日の暮れた7時過ぎに家に戻って、サンマの塩焼きで一献。「油があって美味しかったわ」とは女将の言。「お父さんの本はどうするの?」と、万が一にも今の家を捨てて蕎麦屋に越す話を女将がする。随分前に、涙を流してガレージ一杯の本を捨てたけれど、古今東西の沢山の書物がまだまだ沢山ある。自分の半生をかけて、読み尽くした本の数々だけれど、未練よりも未来。子どもたちに読み継ぐ者がいないのは、幸か不幸か…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.