雨…

pekoと一緒に眠る朝。どうして老犬になっても主人と寝たがるのか、よほど人懐っこい犬種なのだろうか。いつもの時刻には目覚めたけれど、pekoの寝息が聞こえるので静かに起き出す亭主。雨の音が聞こえるから、どうせ散歩には出掛けられないと、朝食を済ませれば、居間に来て外に行くのだと吠えたてる。傘を差して門の外に連れて出たら、家の前の排水溝で用を足すのでした。満足したらしかったけれど、朝飯は食べようとしない。

老犬になると眠っている時間が長くなる、ムラ食いをするようになる、一緒に寝たがるなどと、パグの本には書いてあると女将が言うから、それ以上は詮索しないことにしよう。早めに蕎麦屋へ出掛けて豆を挽いて朝の珈琲を一杯を飲んだら、お袋様に電話をして、雨の中を一緒に仕入れに出掛けるのでした。今日は生椎茸の好いものが入荷していた。それでも、三ツ葉やライムや白玉粉などが品切れのままで、農産物直売所を回って買い足す。

やっと黄色い柚子が出たから買って帰ったけれど、まだ小さいものなので包丁で皮を剥ぐのにひと苦労。千切りにして冷凍しておく。大根も沢山安く仕入れたから、なた漬けにでもしようと甘酒の素を買って来た。午後はケーブルテレビの業者が来る予定なので、出汁を取る準備をして、昼飯の用意をするために、ひとまず昼前に家に戻る。保険会社に電話をして、今回の台風や大雨の被害が、何処まで保証されるかを確認するのは亭主の仕事。

蕎麦屋の出入りの業者にも、食材の補充の電話をして、小豆島の製麺所には手延べうどんの発注をしておく。長かった秋休みの間に、季節も変わっているから、休み明けにはどんなデザートを作ろうかと、頭を働かせ始めたのです。後は、明日のうちに蕎麦粉と米の発注をかければ好い。昼は例によって、残った野菜と肉でカレー炒飯を作る。亭主の頭の回路は、またいつもの日常に戻りつつある。長い秋休みで身体が休まっているのが一番か。

食後の一休みにケーブルテレビの作業員から電話が入る。あと10分ほどで到着すると言うから、「宜しくお願いします」とだけ応えるのでした。居間と食堂の二台のテレビの状態を見て、古いチューナーを取り替えたら居間のテレビは復活。食堂の方はまだ完全に見られないから、やはり、配線を新しくする必要があるのだと言う。その工事の日程を調整して、今日のところはお終い。家に野菜がないと言うので女将と隣町のスーパーに行く。

女将を家まで送ったその足で、亭主は再び蕎麦屋に出掛けて足し取りを開始するのです。出汁を取りながら、今朝ほど塩に漬けておいた大根を、麹と柚子と京唐辛子に漬け込んで砂糖を加える。これで週末までには小鉢が一つ出来上がる。茄子と胡瓜と蕪を仕入れて来たから、明日の夕刻にでも糠味噌に漬ければ、もうひと鉢が仕上がる計算です。明日は蕎麦豆腐とデザートを仕込んで天麩羅の具材を切り分ければ、秋休み明けの営業が出来る。

それにしても終日の雨。大雨で水が流れてきたという、家の裏手の様子は大丈夫そうなのでした。石垣島のダイビングから帰って、大雨の後始末やその後の処理など、いろいろなことがあったので、ゆっくり休む暇はなかったけれど、蕎麦屋の支度がないだけ身体が楽だった。テレビが見られなくなったり、エアコンが壊れたり、ガスレンジのグリルが駄目になったり、今日はパソコンのプリンターまで要修理の表示が出てしまうから問題続出。

一つ一つ解決していかなくてはならないけれど、持久戦は年寄りの得意な分野だから、今を受け入れて気長に対処していくしかないのです。それにしても、崩れそうな裏手の石垣の修復や長年にわたって流れ込んだ土砂の後始末には、保険でカバーできないから、いったいどれだけの費用がかかるものか。今の自宅を売りに出して蕎麦屋に引っ越すという選択肢を、やっと女将も考え始めたようなのです。なるようにしかならないと思う夫婦…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.