久々にゆっくりとした一日でしたが…

蕎麦屋のことを考えないで済む日が続くと、さすがにゆっくりとした気分になれる。今朝もいつもの時間に起き出して、女将と一緒に昨日剪定した裏庭の木々の袋をゴミ集積場に運ぶのでした。それからpekoの散歩に出掛け、家に戻って朝ご飯。一休みする間に、今日の予定を確認して、10時に車の一年点検に出掛ける前に、ケーブルテレビ局に電話をして、定期点検を受ける日にちの調整をする。ついでに現在の不具合を伝えておいた。

隣町にあったディーラーは、今年になって団地の中に社屋を移したので、近くなって便利だった。点検の合間に、向かいにあるショッピングモールに出掛けて、蕎麦屋で使うものの仕入れも出来る。移転して大きくなった社屋には広い整備室や洗車機も備わって、客の待つロビーも広く快適な作りになっている。その分、売れ筋の車種は国外での売れ行きも好いらしいけれど、歳を取った亭主には余りにも大きすぎるものばかり。時代の趨勢か。

帰りがけに「この車は好い車ですね。何年乗っても悪いところがどこもない。」と言うと「私も同じ車でもう十何万㎞も走っています。このクラスは希少価値ですよ。まだまだ、乗ってください」と応えるから驚いた。若い社員は新車を買わせようと、下取り価格の事ばかり言うけれど、メンテナンスさえしっかりしていれば、今はもうあまり距離を走らないのだから、買い換える必要もなさそうです。心配事が一つ減った気がして嬉しかった。

女将がスポーツクラブから帰るのを待って、昼はあんかけの湯麺を亭主が作る。陽は出ていたけれど、じっとしていれば涼しいくらいの陽気だったから、身体が温まってちょうどを好かった。勿論、肉は片栗粉をまぶして炒め、海老やイカを入れて野菜を煮込み、とろみを付けた熱々のスープも美味しい。食後に一休みしたら、今日の予定の二つ目で、大雨で床下に水が入った後始末をどうするか、女将と二人で業者に相談に出掛けるのでした。

ついでに崩れ落ちそうな裏の石垣の処置も尋ねてみると、団地の外れのこの辺りは石垣の上までが我が家の土地になっていると言われてショックを受ける。石垣の修繕も我が家の責任なのでした。取りあえずは保険がどの範囲までカバーしているか、明日にでも調べなくてはならない。その足で西の町のホームセンターに出掛けて買い物を済ませ、女将を家に送ったら、亭主は歯医者の定期検診にまた駅前まで出掛けて行く。悲喜交交の一日…。

This entry was posted in 日常. Bookmark the permalink.