大雨の後始末…

石垣島から帰って一夜が明けた。昨日は移動日だから飛行機に3時間、電車に2時間近く乗っていただけだから、あまり身体を動かしていなかった。今日の休みにしなければならない事を数え上げているうちに、なかなか寝付かれなかったのです。それでも、いつもの時間に目覚めてpekoを散歩に連れ出す亭主。さすがに石垣島とは違い、涼しさも桁違いなのでした。秋空に朝日が昇って、今日は終日曇りだと言っていたのに、青空が覗いた。

門の脇の木槿の根本に、今年何回目かの赤いミニバラが咲きました。これは確か亭主が昔バラ園で買い求めたもの。女将の作る簡単な朝食を食べ終えて、一休みしたらまずは居間のエアコンの掃除。「動かなくなった」と言ったきり、そのままにしておく女将に任せてはおけないと、フィルターを外して綺麗に洗う。自動掃除機能は付いているけれど、ゴミは溜まってないから、単にフィルターの目詰まりなのです。ついでにカバーも拭き掃除。

次に床下が浸水して浮き上がったと言う台所の収納ボックスを取り出して、玄関前のテラスに出して洗剤でゴシゴシ洗う。ウッドデッキに干して乾かすのでした。収納ボックスは蓋を外したままだから、また peko が落ちてもいけないと女将が言うから、食堂に通じる扉をゲージで塞いで、居間の部屋に閉じ込める。心なしか元気に動き回れないので手持ちぶさたな様子でしたが、背に腹は替えられません。そのまま家の裏手の様子を見に行く。

無花果やタラの木や紫陽花が倒れそうになって道を塞いでいたから、亭主はノコギリと剪定ばさみを持って、次々と枝を切っていく。女将が後からゴミ袋を持ってやって来て、袋詰めの作業をしてくれた。「お父さんはいつも蕎麦屋にかかり切りだから、なかなか裏の手入れが出来ないのよ」と愚痴をこぼしながら、ゴミ袋に何杯もの量の枝を整理したのです。次に家の裏手に長い間に溜めた使わなくなったポットや植木鉢を廃棄する準備です。

家は団地でも一番高い場所の高台にあるから、大雨があっても水害が起きるはずはないのです。しかし、以前にも一度、裏の畑から水が流れてきて、庭や玄関にまで押し寄せたことがあったから、裏の石垣の様子を調べると、やはり今回も裏の石垣の辺りから水が流れてきたらしい。石垣の幾つかが押されて今にも崩れ落ちそうな様子が怖いのです。この状態で、長い間に畑から土が流れ落ちて、我が家を縁の下の通気口の高さまで埋めていた。

水がそこから台所の下に入り込んだのは疑うべくもないのでした。通気口の入口の回りに盛り土をして、水が他に流れるように裏手の通り道をシャベルで掘って、取りあえずの作業は終わり。ひと休みして午前中の目標は床屋に行くことだったけれど、日曜だったから混んでいたので「後でまた来ます」と親父様に言ってそのまま蕎麦屋の様子を見に出掛ける。蕎麦屋も一番高台にあるから被害はなし。お袋様の所に石垣島の土産を持って行く。

マンションの前にある調整池には、普段は水がないのに、やはりこの大雨でまだ水が溜まっていました。「~丘」とか「~台」と名の付く土地は、確かに高台があって好いのだけれど、起伏があるから低いところは当然のことで水が溢れる。市内のハザードマップでも、我が家のある団地の辺りは近くに川もないし海抜も高い。地震についても安全圏なのですが、高い分だけ我が家なども強風には要注意です。応急手当の瓦はまだ治ってない。

朝からいろいろ大雨の後の片付け仕事をしたけれど、ダイビング帰りの翌日から蕎麦屋を営業していた今までに比べれば、随分と身体は楽なのです。久々の日曜日がお休みの日で寝不足なのに昼寝をしている時間が勿体なかった。昼食は例によって、残飯整理のカレーチャハンを作って二人で食べたら、午後一番で床屋に出掛ける亭主です。ハロウィンで歩行者天国になっていた駅前を避けて床屋に着けば、親父様はテレビでゴルフを観ていた。

This entry was posted in 季節, 日常. Bookmark the permalink.