再び2000kmを飛んで…

夕べは泊まり客が亭主一人だけだったから、宿のご夫婦に誘われて、市内の焼き肉屋に夕食を食べに出掛けたのです。奥様が厨房で調理をしなくても済む日を作ってやろうとするのは、船長の人知れぬ労りでもあるのでしょう。辺りには新しいカフェテラス形式の居酒屋もオープンしていました。「昭和の雰囲気が残る店」と聞いてはいたけれど「東京亭」と書かれた看板の下の狭い階段を登ると、20席ほどの落ち着いた店に到着しました。

好物の日本酒があったので、珍しく焼き肉を沢山食べた亭主。テーブルには灰皿まで置いてあるから、全席喫煙可のところが、やはり昭和風なのか。宿に帰った頃にはもう8時をとうに過ぎていたから、そのまま部屋に戻ってバタンギューなのでした。夜中に起き出して帰る荷物のパッキングを済ませ、ブログを書き終えたのです。朝までウトウトしながら朝日の昇った頃にやっと起き出す。石垣島も朝はかなり冷えて、長袖長ズボンで階下へ。

4泊5日でも長いようであっという間。お客が少なかったから、一回り以上若いご夫婦といろいろな話が出来ました。時代遅れのままでもいいと老いを受け入れる亭主と、まだまだ人生の真っ盛りのお二人と、通じ合うところもあるのが面白い。宿で出す食事の料金が安すぎると船長が言うから、奥様に原価率を尋ねれば、6割を優に超えているのだとか。それでは亭主の蕎麦屋と同じだと、お互いに少し値上げを検討することになるのでした。

今朝はもう新しいダイビングの客が到着して、船長は客を乗せて港に出発する。一仕事終えた奥様が、空港まで車で送ってくれました。蒼いサンゴ礁の島を後にして2000kmを、3時間かけて羽田に戻る。館山湾にさしかかる頃、遠くに半分だけ雪化粧をした富士が見えた。昨日の大雨で川の氾濫した様子が上空からもよく判る。遅い昼食には、例によって空港の立ち食いの寿司屋と石臼挽きの蕎麦屋を梯子する。帰りの電車でひと眠りの亭主。

団地の駅に着いて、2kmの道程を歩く気力はなかったけれど、いくら待ってもタクシーが来る気配がない。仕方がないからとぼとぼと国道沿いを歩いて近道を行くのでしたが、背負った荷物がやけに重く感じる。石垣島も佐倉も気温があまり変わらないのは、やはり季節が移り変わったからなのか。やっと家にたどり着けば、台所には昨日の奮闘の跡が残っていた。peko が水を掻き出した床下収納庫の中に落ちたとか、いろいろ報告を受ける。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.