ダイビング最終日…

午前6時前の東の朝焼け空には、細い月が昇っていました。いつもの習慣から早くに目が覚めて、満天の星を眺めている亭主。北に面する伊原間湾の真上には、北斗七星がひしゃくを縦にした形でくっきりと見える。御者座の隣には牡牛座の顔の部分のV字が見え、視力の悪い亭主にもかすかにスバル座の連星が発見できるのです。昨夜も船長と奥様はこの星空の撮影に夢中だった。春に再訪するという北欧でのオーロラを撮る練習なのだとか。

コンパクトに皿に並べられた朝食は、彩りも綺麗で亭主のお気に入りです。焼きたてのパンの分量もちょうど好い。スープとマンゴージュースがついて、さらに食べ終えるとコーヒーが出てくるから嬉しいのです。目で見て楽しんで、食べて美味しければ、料理はもう言うことがない。家庭でもこのくらいの手間をかけても好いのかもしれない。白地の大皿があれば好いと思うことが多々あるけれど、どうしても色や模様入りの皿が多いのです。

今朝も早めに宿を出て、船長と港に向かいました。今日も亭主一人が客で、ボートを貸し切っての豪華なダイビングなのです。三日目連続のダイビングとあって、身体の方も疲労が蓄積してくるから、楽な場所がいいと思っていたら、船長も察してくれたらしく、近場のサンゴ礁を潜る。天候がずっと好かったのは珍しいから、陽の光を浴びた浅瀬を潜るのが楽しみでした。何度も来ているポイントのはずなのに、陽があるだけで違うのです。

あまり動き回らずに、じっくりと写真が撮れるのは有り難い。水没したEM-5 を持っていないから、両腕のストレスがない。あとはいつも水中では撮り慣れていないTG-3 の操作の問題なのです。フラッシュがレンズの傍に着いているから、どうしても画角の中に塵や埃を写してしまって、せっかくの写真が台無しになることが多い。船長がアンカーを見に行っている間、船の下で体勢を整える亭主。水は綺麗に澄んで絶好のコンディション。

途中の岩場のイソギンチャクでは、ニモでお馴染みのカクレクマノミが元気に動き回っていました。潮の動きがあるからイソギンチャクの触手がたなびいて、そのたびにちょこまかと動き回るから、二匹が揃うのを撮るのはとても難しいのです。今日のような浅場で時間をかけてじっくりと狙うのが一番好い。他に一緒に潜るお客がいるとどうしても移動するタイミングが迫ってくるから、短い時間でシャッターチャンスを捕えられないのです。

このポイントはキンメモドキの大群が大きな岩場に着いているので、ここでもじっくりと時間をかけて写真を撮る事が出来ました。小さなコンパクトカメラでも、陸上では毎日写真を撮っているから、海の中でも使い慣れてくればこのぐらいの写真は撮れる。群れは先頭を入れて撮るのがポイントと、亡くなったダイビングの師匠がよく言っていた。岩場から離れることのない大群は常に動き回っているから、時間をかければチャンスは来る。

1本目のダイビングから戻って、船の上で休息をとったら、場所を移動していよいよ最後のダイビングのポイント。ここでもじっくりと一人で写真を撮る事が出来ました。大きなハマサンゴの根にびっしりと小魚が着いているので、動き回らずにシャッターチャンスを待つことが出来るのでした。深さも三日間で一番浅く、船のほとんど真下でクールダウンという感覚なのです。港まで5分ほどだから、静かな海の上でお弁当をいただきました。

昼過ぎには宿に帰って、シャワーを浴びたら生ビールを飲みながら、パソコンに向かって今日撮った写真の整理をするのです。家の女将に電話をかけたら、千葉は大雨らしく、高台にある自宅の台所の床下に水が溜まって大変だと言う。床下収納のケースが水で持ち上がったとかで、バケツで水を掻き出しているのだとか。業者が来て見てくれたらしいけれど、他に打つ手はない様子なのでした。明日の帰宅後の段取りが心配になる亭主でした。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.