陽の光に照らされて…

午前7時、東の水平線から朝日が昇る。今日も快晴の一日らしく、この時期の石垣島は朝方は半袖・短パンでは涼しく感じるのです。それでも陽が昇るにつれて、暖かくなっていく。真夏のようにジリジリと照りつける暑さではないから、とても心地よいのです。風は北風で涼しいから、とても過ごしやすい気候なのです。今日の朝食は和食の定番、古代米の入ったご飯がなぜか美味しかった。食後1時間で出発だから、朝は結構忙しいのです。

いつも蕎麦屋に出掛ける時間には、港に向かって出発する。船に乗ったらすぐに器材をセッティングしてポイントに向かうのです。蕎麦屋について朝の仕事を終えたら、コーヒーを一杯飲んで今朝の段取りを考えるというのとは、かなりペースが違います。隠居仕事の蕎麦屋はかなりマイペースで動けるのが楽なのでしょう。今日のポイントまでは、約25分。昨日の場所に近いけれど、今朝は少し波があったから、余分に時間がかかった。

晴れた日にはサンゴ礁の浅場にも太陽の光が届くので、最近若いサンゴが復活してきたというポイントに案内してくれたらしい。昨日水没してしまったEM-5 の大きなハウジングを持たずに水に入ると、器材のない分だけ軽くなるのを忘れていたから大変。なかなか潜行出来ないでいると、それを見ていた船長が予備に持っていた重りを手渡してくれた。無事に着底すると、確かに辺りは沢山の種類の若いサンゴがびっしりと育っているのです。

水深は6mほどだから、海面の波が打ち寄せるのもよく見える。キンギョハナダイの赤が陽の光に鮮やかに映える。紫色のハナゴイが実に美しく見える。陽を浴びるというのは、まさにそれぞれの持つ個性をはっきりと際立たせるものなのでしょう。小魚たちは沢山群れを作って、潮の流れに向きをそろえ、いっ時としてとどまることがない。そっと近づいてみれば、その一匹一匹の魚たちの目が、しっかりとこちらを見ているのが判るのです。

少し深場に行けば、今度は若いウメイロモドキの大群が自由自在に泳ぎ回っている。薄いブルーの体表に背中から尾びれにかけてのラインが黄色いから、とても優美で好きな魚の一つ。もっと近くまで寄りたいけれど、近づけば群れが拡散して逃げてしまうのが常。こんな時、EM-5 ならもう少し望遠を効かせられるのだけれどと、あまり慣れていない予備のコンパクトカメラで狙うのでした。慣れた船長はいつも素晴らしい写真を撮っている。

この辺りの海を熟知しているから、魚の群れの先の動きが読めるのだという。もう、足かけ30年も潜っている亭主にも、魚の群れを追わずに待って写真を撮るというのは、十分に分かっていることなのだけれど、そのポイントの地形や潮の流れが頭に入っていないのです。遠くから船長が追って、亭主のいるこちらに向かわせてくれたウメイロモドキの群れを撮る。その場では確認しないから、好い写真が撮れているかと思いながら船に戻る。

今日も同じ場所に船を泊めて、2本潜った。少し離れた浅場では他のショップの客たちがシュノーケリングを楽しんでいた。この辺りは島のサンゴ礁が外洋と接する場所なので、魚も多いのでしょう。少し波が出てきたので、帰りは大きなボートが波を乗り越える度にぴょんぴょん跳ねる。デッキの床にしっかり捕まって座っていないと腰を打つ。今日の昼のお弁当は、船酔い気味の亭主を気遣ってくれて、宿に戻ってから、ゆっくりと食べる。

潮の満ち引きの加減か、伊原間湾の色は一日に何度も様相を変える。午後はゆっくりと生ビールを飲みながら、パソコンにデータを取り込んで、今日撮った写真の整理なのですが、なかなかいいものはない。そして、しばしの昼寝。夕刻になって近くの村の食堂に連れて行ってもらった。いつも混んでいるので行列が出来る店で、お客が多すぎるからと、営業を夕刻から始めるようになったのだとか。なにか、身にしみて店主の苦労が分かる。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.