アクシデントにもめげず、カメ三昧の一日…

朝の6時過ぎのこと、綺麗な朝焼けでした。昨夜は9時には休んだので、今朝は4時過ぎからもう目が覚めていたけれど、昨日のブログを書き終えて、宿の外の喫煙所で一服したら、もう一眠りするのです。こちらは、関東よりも1時間ほど夜明けが遅いから、朝の6時でこのくらいの明るさなのです。天候に恵まれて、今日も一日快晴の予報です。宿泊客は他にもいたのですが、ダイビングは亭主一人のようで、嬉しいような寂しいような…。

宿の奥様の手料理は、毎朝、一日おきに和食と洋食。今朝は洋食の番らしく、トーストとスープとワンプレートのお総菜。これにマンゴージューと仕上げにコーヒーが出る。白の皿が朝日に映えて、食材が綺麗で美味しく見えるのです。いつもなら7時半の朝食なのだけれど、ダイビングの客は亭主一人だからと早めに食べさせてくれたので助かった。洗面やトイレを済ませる時間に余裕があるのは、何にでも時間のかかる年齢になると嬉しい。

宿から港までは、車でものの5分ほどだけれど、他にお客もいないので、荷物を積んだ軽トラで船長と向かうのでした。大きなボートを一人で占領するのは気が引けるけれど、船長の指示に従って、器材のセッティングを済ませ、ウエットスーツを着るのです。天気も好くて海は穏やか、船の向かう方向から考えて、今朝のダイビングポイントはどこだろうかと想像をするのも楽しい。10年以上も通っていれば、大体は潜ったことのある場所。

ただ、何度も同じ場所に潜っているのに、それぞれに新しい発見があるのが海の中で、今日はやたらとカメが多かったのです。中型のアオウミガメや小型のものなど何匹も遭遇したので、後で船長に言ったら「昔からカメが多いポイントなのです」と言う。それにしては、これまで何度も同じポイントに潜っていて出会ったことがないのは不思議なのです。1mほどに近づいても逃げないカメもいるから、年齢なのでしょうかと船長に尋ねる。

意外にも答えはNOで、ここのカメは人に慣れていないのに、海面まで行って息を継ぐ動作をしたくないから、岩陰でじっとしているのだとか。亭主などは他の動物をみると、どうしても人間と同じではないかと、自分と引き比べて考えてしまうきらいがあるのです。次の動作までの時間が長くなるのは、年齢のせいだと自分でも感じることが多いから、何十年も生きると言われるカメも、年を取ると動くのが億劫になるのではと見えてしまう。

その証拠に、身体の小さな若いカメは、人が近づくとじっとしていないですぐに泳ぎ出すのです。同じポイントにボートを泊めたまま、休憩をしたら2本目のダイビング、天気も好いし、何ヶ月かぶりの1本目で慣れたからと思って、カメラを受け取って船の下に潜ったら、カメラのハウジングの蓋が開いているのに気づく。ロックされているはずの蓋が開くことは普通考えられないけれど、急いで浮上してカメラを出すけれどもう遅いのです。

フィルムカメラのニコノスでは何度も水没の経験があるけれど、ハウジングに入れたカメラでは初めての経験。今までで一番気に入っていたEM-5もこれで終わりか。レンズを合わせてどれだけの損害なのか、その金額をとっさには思い出せなかった。1本目のダイビングで撮った写真のデータは使えるのだろうかと、心配しながら水の中で待っている船長と共に2本目を潜る。先ほどの反対側に向かって進めば、また何匹もカメと遭遇する。

今日のダイビングはカメ三昧。奥様の作ってくれたお弁当を食べたら、ボートを反転させて一路港へ戻るのでした。他の客がいないときは、2本だけのダイビングと決めているから、宿に帰ってゆっくりと午後を楽しむ。水没したカメラのデータカードが無事だったのは不幸中の幸い。写真をパソコンに取り込んだら、昼寝をしても3時過ぎ。何か蕎麦屋での生活とパターンが似ているから可笑しい。テラスから見る伊原間湾は素敵な色でした。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.