夕陽に向かって2000km…

即位の儀式のテレビ中継を途中まで見て、団地の駅に向かった亭主。調べておいた電車の時刻も、休日であるのを忘れていたお蔭で、少し早めの電車に乗れた。1時間半で着いた空港もチェックインカウンターが特別警戒とかで、長蛇の列なのでした。昼を過ぎていたので、いつもの立ち食い寿司屋で鮪三昧と日本酒を一杯。それから、隣の石臼挽きという蕎麦屋によって、今度は天せいろと日本酒を一杯。これが長旅での楽しみの始まりです。

極限まで計算されたような狭いスペースで、寿司屋は男性のスタッフばかりだし、蕎麦屋は若い女性のスタッフばかり。蕎麦を茹でる担当と天麩羅を揚げる担当、そしてそれをまとめて客に提供する担当と、とても合理的に出来ているのが面白いのでした。その昔、蕎麦も寿司も往来で立ち食いをしたと言うから、古くて新しいスタイルなのかも知れません。石臼挽きと看板にあるけれど、つなぎはどうも強力粉だけらしく固い蕎麦なのです。

「最近はつなぎに中力粉ではなくて、強力粉で打つのがはやりなんですよ」と、霊犀亭にも蕎麦粉の営業に長野から業者が何回かやって来たことがある。試供品に送ってくれた北海道産の蕎麦粉と強力粉で試し打ちをしてみたけれど、加水率は確か40%をかなり越えていたのを覚えている。いつも使う粉と比べると、ぱさぱさの粉の感じがしたのです。値段は三分の二ほどだから、安いことは安い。その時の蕎麦がまさにこの食感なのでした。

普通の立ち食い蕎麦屋の蕎麦と比べれば、多少は味が違うかも知れないけれど、空港のロビーでこれだけのものが食べられれば文句は言えない。大葉と海老とマイタケの天麩羅を載せた皿の隅には、ちゃあんと塩が盛ってあるから気が利いているのです。天せいろと同じくらいの値段の日本酒はなかなかの味だった。これで客単価2千円を越える程度だから、お客も納得する。さすがは国際空港なのか。寿司屋と合わせて四千円の昼食でした。

後は、飛行機に乗り込んでぐっすりと食後の昼寝をすれば、3時間のフライトの半分は終わるのです。陽が傾くのが早いせいか、夕陽を受けた雲の影から、飛行機が西に向かって飛んでいるのがよくわかる。熱帯低気圧に変わった台風の連れた雲が残っていたのか、海は沖縄本島の先まで雲に覆われていました。宮古島あたりから眼下の雲が晴れて、飛行機は着陸の態勢に入る。少し遅れて到着した空港には、もう船長が迎えに来てくれていた。

「暑さもピークが過ぎて、石垣島はちょうど過ごしやすい季節です」とは、機内での最後のアナウンス。例によって宿の奥様の作る豪華な夕食は、亭主には少し種類も量も多かったけれど、前菜の海鮮ソースで食べる生野菜、船長が獲ってきたという高級魚ハタの煮物ともずくのしゃぶしゃぶ、そしてチーズの入ったとても柔らかいジューシーハンバーグ、最後にもずくと卵の雑炊まで、ゆっくりと時間をかけて満喫したのです。9時には就寝。

This entry was posted in ダイビング, 料理. Bookmark the permalink.