警戒の朝…

大型の台風が接近して朝から雨が降り続けている。亭主は夕べの晩から気象庁のホームページで、高解像度降水ナウキャストの画面を1時間毎に繰り返し見ている。時折、激しい雨が降って、またしばらくは小止みになる。昨日のうちに二階の雨戸を閉めたり、庭の植木鉢を避難させたり、出来ることは済ませてあるけれど、ウッドデッキの屋根や前回の台風で飛んだ二階の瓦の状態が心配でならないのです。割れて取り除ける瓦は外したが。

これは恐らく二階の瓦が剥がれて一階部分の屋根瓦に当たった跡なのです。庇の部分だから、雨漏りの心配はなさそうだけれど、割れ残ったところは漆喰に釘で固定されていて、動かすことは出来ないのです。素人の出来る範囲はここまでだろうと、この破片の飛んだお隣の小母さんにも説明をしておきました。業者に依頼したけれど、皆が順番待ちと言うことで、今回の台風を迎える結果となったから、夜も眠れないほど心配だったのです。

まだ台風本体は八丈島の西だから、佐倉辺りはこれからが本番なのです。当初よりは台風のコースは西側にずれてきたお蔭で、雨はより内陸の方が激しいようだけれど、進行方向の右側であることには変わりがないから、どれだけ強い風が吹くかが心配されるのです。居間に戻れば、朝食を食べ終えたpekoがいつものように、亭主の椅子にごろんと寝っ転がっているから、人の気も知らずに暢気なものだと、束の間のほほえましさを取り戻す。

昼は昨日蕎麦屋で残った蕎麦を茹でて女将と二人で食べる。亭主は朝も同じ蕎麦だった。埼玉に住む下の娘から、実家の台風の様子を心配して電話が入ったようだけれど、雨雲の流れる内陸の方がこれから酷い降りになるのを知っているのだろうか。亭主はお袋様の家に電話をして様子を聴いてみる。女将は「ここら辺の避難所は○○小学校よ」と言うけれど避難するほど酷ければ、団地の他の家も壊れるだろうし、到底たどり着けないのです。

メディアの発達は、より細かな情報を提供してくれるけれど、被害の大きな所ばかり放送しているから、水害や倒壊の恐れのない場所に住んでいる人々にまで、心理的不安を与え続けるから困ったものなのです。万が一の場合は、我が家は蕎麦屋に避難するしかないのでしょう。店は「台風のため臨時休業」と言う看板を窓辺に出して、この間の台風で千切れた日除け暖簾も外してきた。停電の際の懐中電灯などのありかを確認しておくのです。

何処にも出られないからと、女将は台所や稽古場の掃除を始めた。亭主は書斎のパソコンを点けたままにして、気象情報を見続けている。居間のテレビで映画を観ながら、時折、ニュースの台風情報を見る。台風の通り道が少し西にずれたから、佐倉は雨も風も当初に予想された激しさ程ではなくなったのです。夕刻に埼玉の息子から電話があって、直ぐ近くの川が氾濫したから、近くの嫁さんの実家に避難しているのだという。どこも大変だ。

時折二階の部屋を点検して歩いて、雨漏りはないか、天窓の扉はちゃんと締まっているかなどと、チェックをしておく。階段の長く細いガラス窓は、パッキンが古くなって多少水が染み出ている。女将に言ってタオルを置いて水を吸い取ってもらうのです。ウッドデッキも手作りの長椅子やテーブルを端に寄せて、大風にも飛ばされないようにしてあるのでした。夕刻から、近くを通る高圧線が風に鳴る音が強くなる。毎度のことだけれど緊張。

台風の抜ける明日は、果たして蕎麦屋の営業は再開出来るのか。店を開けたとしてもお客が来るのか。蕎麦はどれだけ打てば好いのか。と、台風の影響でどれだけ被害があったかを確かめることも必要だし、心配事は尽きないのです。夜は残り物の野菜と肉で亭主が中華鍋を振って回鍋肉を作る。辛いのが嫌いな女将のために砂糖を隠し味で入れて、食べるときに亭主は山椒の辣油をかけて酒の肴にするのです。酢の物とピクルスを添えて満足。

This entry was posted in 日常. Bookmark the permalink.