台風前日は…

今朝も7時起床で peko の散歩。夕べも深夜までテレビで洋画を観ていたのだけれど、今日は蕎麦屋の仕込みが沢山あるからと途中で床に就くのでした。さすがに朝食後にひと眠りするわけにもいかず、洗面を済ませて蕎麦屋に向かう亭主。幸い今朝方まで降っていた雨は上がっていましたが、どんよりと曇っていつ降ってもおかしくない空模様です。電線に止まっていたヒヨドリが一斉に飛び立っていく。最近は群れて飛んでいることが多い。

昨日打った蕎麦が生舟にひと箱分は残ってはいたけれど、今日は亭主の親類が大勢で尋ねてくるというので、今朝も蕎麦を打つのでした。天候も怪しいから、それほどお客は来ないだろうとは思うのですが、営業をする以上は仕込みだけは済ませておかなければならないのです。蕎麦玉を寝かせている間に、夕べ漬けた茄子と胡瓜を糠床から取り出して小鉢に盛り漬ける。今朝も加水率は38%で、絶妙な柔らかさの蕎麦を伸していくのでした。

10時前には蕎麦打ちを終えて、今朝は早めに葱切りを済ませ、野菜サラダの具材を切り始める。店で出すミニ野菜サラダでは量が多すぎるだろうと、同じ有田琥山窯の小野隆治作という小さめの器に人数分を盛り付けて、店用にはいつもの大きさで二人分だけ用意しておくのでした。外はひとしきり強く雨が降り出していたから、これではヘルシーランチセットも出る幕がないと考えたのです。突き出しには大根とイカの煮物を用意しておく。

11時にはお袋様と女将がやって来て、配膳の支度を手伝ってくれる。営業では使わない奥の座敷に、今日は賑やかに料理が並べられる。開店の時刻に懐かしい顔ぶれが到着するのでした。93歳になるという本家の伯母さんを筆頭に、従兄と亭主の大学時代の先輩でもある従姉夫婦。皆が年上だから、ここでも女将と亭主が最年少で、歳を取ると親戚も、葬儀の時ぐらいしか顔を合わせなくなるけれど、今日は皆元気で嬉しい再会なのでした。

本家には子供時代から随分と世話になっているだけでなく、長兄の叔父と末弟の父とは15歳も離れていたから、ほとんど父親代わりの存在だったのでしょう。同世代の子供たちは気心の知れた遊び仲間でもあったのです。そうした時代を支えた伯母さんの存在は、今でもお袋様や女将の尊敬するところなのでした。それからもう60年以上が過ぎていると思えば、感慨深いものがあると感じるのは亭主ばかりか。皆、好い年をしていました。

元気な年寄りを先頭にして、一部だけれど一族が顔を合わせるのはなかなかない機会なので、記念に写真を一枚撮らせてもらいました。亭主を育てた祖母を含めて、三代続くこうした関係もなかなかないのが現代の風潮。「三代続けば江戸っ子」とか「三代続けば末代続く」などと言われた言葉は、今では古い時代のものなのかも知れません。しかし、霊犀亭の周囲の農家などは、三代どころかもっと古くから代々田畑を受け継いでいるのです。

どんどんと地方に都市化が浸透して核家族の暮らしが多くなり、便利で快適な生活を楽しむ人々の行く末は、果たしてどんな時代になるのやら。先祖代々の墓守も要らない、エレベーター式のマンション墓地や樹木葬で好い、老いて世話をする人がいないから施設に入るという最近の老人たちを見ていると、何か寂しい気がするのです。完全に時代遅れか。雨の中をお客がくれば、厨房に立って調理をする亭主。今日もお客は少なかったのです。

大型の大風が通過するらしいというので、店のタブレットで天気予報を気にしてした亭主が、明日の臨時休業を決めたのは、皆が帰って洗い物を済ませた後でした。店の窓辺には「台風のため臨時休業」という看板を掲げて、家に戻って台風対策。途中、お隣の小母さんに出会って、前の台風で自宅の瓦が飛んだから、隣接する雨戸のないガラス窓の補強に店から段ボールを持って来てやる。夜は台風の前の静けさ。コースが少しずれて欲しい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.