嵐の前の静けさか…

今朝はいきなり14℃という寒さ。6時には目が覚めたので居間に行けば、もうpeko も起きていた。長袖の上に冬のジャージを着込んで散歩に出る。ちょうど公園の森の向こうから朝日が昇ってくる時刻なのでした。昼までは晴れるという予報だったから、今日は蕎麦屋もお客が来るかも知れない。定休日明けだから、蕎麦を二回打たなければと思いながら、朝食後に寒いので床に入っていたら、朝ドラの終わった時間に女将が起こしに来た。

30分ほどだけれどぐっすりと眠った気分。やはり身体が冷えているからか、なかなか目が覚めないのです。蕎麦屋に着いて朝の仕事を始めても、室温は22℃とかなり低いから、蕎麦打ち室に入って蕎麦を捏ね始める。蕎麦打ちをするとシャキッとするというのは、単に身体が暖まって血流が好くなるからなのかも知れない。二つの蕎麦玉を寝かせている間に、米を研ぎ炊飯器にかけ、糠漬けの茄子と胡瓜を取り出して小鉢に盛り漬ける。

日本酒や蕎麦粉の宅配便が次々と来て、受け取るのも一苦労。早く蕎麦屋に来たつもりなのに、身体が動き始めるのに時間がかかった。蕎麦玉を伸し始めたのが9時半過ぎだったから、今日はちょっと遅いのでした。丸出し、四つ出しをして、いつもなら向きを変えて均等な厚味になるように何度も伸すのだけれど、今朝は丸出しから気合いを入れて均等な厚味を意識したから、四つ出しから一度で本伸しにかかるのでした。やれば出来るのか。

それは最近の蕎麦打ちが安定してきたから出来る技。元来は、基本に忠実に蕎麦は打たないと、なかなか思うような仕上がりにはならないのです。今朝も包丁打ちの段になって、130gを越えるいつも同じはずの切りべらが27本だったり29本だったりと、変動したから反省した。やはり急ぐと部分的に多少は厚さに差が出て伸されているのです。90cmの長さの伸し棒が、斜めに伸す時に壁にぶつかる時がある。これも改善しなくては。

一休みしたら葱切りをして、野菜サラダの具材を刻み始めるのです。レタスは葉の色の濃い部分が多くて難儀した。キャベツは柔らかくてなかなか刻みやすいのでした。それぞれの仕入れた野菜のその時の状態に合わせて、調理をするのが腕の見せどころか。とりわけ人参のジュリエンヌは、スライスする段階で硬すぎたり、包丁の切れが悪かったりすると均一な細さに刻めないから苦労する。いつも良質な素材が手に入れば好いのだけれども。

パイナップルにしても、好いものがあればゴールデンキウイよりは割安だから仕入れてくるけれど、いざ切り分けてみると熟していなかったり、熟しすぎていたり。今回は甘さは抜群なのに硬かった。天気は上々、これは蕎麦日和でしょと思うのだけれど、このところ定休日明けはお客が少ないのです。開店前に電話が入って、聞き覚えのある小母さんの声で「今日はやっていますか?」と尋ねるものだから、丁寧に応えてあげるのでしたが…。

結局、昼過ぎになってご新規のカップルがご来店で、随分と丹念にメニューを見た末に、天せいろとカルビ丼セットと蕎麦豆腐のご注文。一言の会話もなしに、二人でセットの味噌汁をのんだり、お新香を食べたり、どう見ても店の品定めかと思えるから嫌になるのでした。綺麗に料理を食べ終えて「ご馳走様でした」と言って帰られたけれど、粉から溶いた蕎麦湯は殆ど飲んでいなかったのです。意外に客の少ない日だからそれでも有り難い。

一度家に戻って業者の配達があるからと再び蕎麦屋に出掛け、蕎麦豆腐や漬けものと明日の仕込みを終えて、そのままプールへ出掛ける亭主。蕎麦粉の代金を郵便局で支払って、車を出そうと思っても、今日はやけに道が混んでいるのでした。泳いだ帰りにいつものスーパーに寄って週末の家の買い物をすれば、食品の棚の品物が随分と綺麗になくなっている。明後日に大型の台風が来るのに備えて、皆さん買い込んでいったらしいのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.