終日、雲一つない晴天で…

台風で飛ばされた屋根瓦を直してもらわないうちに、もう次の台風が来ると言うから、昨夜は夜中に一度目が覚めたらいろいろと心配で寝付けなかった。今の台風情報では、前回の15号とほとんど同じコースを通りそうなのです。明け方にもう一度床に就くまで、亭主に付き合ったpekoも、今朝は7時半に散歩に出掛け、朝食を食べたらもう眠そうなのです。あっさりと亭主の椅子を明け渡して、女将が珈琲を入れてくれるのを待っている。

来週の店舗検査の前に店の床磨きをしようと、今朝は休日出勤のスタッフと9時に待ち合わせをしたのです。いつもなら、亭主一人で二日をかけてワックスがけまで終わらせるのですが、グリストラップの掃除もあったし、月末には長い秋休みを取るつもりだから、来週はその準備でも忙しい。快く定休日の午前中に出て来てくれたスタッフには感謝するばかりなのです。洗剤で床を磨いて拭いていくだけで、二人とももう汗が噴き出してくる。

厨房のレンジ周りの床は、毎日のように揚げる油で汚れるし、客がレジやトイレに土足で歩く通路は、「おのづからなる細道」ではないけれど、黒く土の跡が付いているのです。「林檎畑の樹の下に  おのづからなる細道は 誰が踏みそめしかたみぞと 問ひたまふこそこひしけれ」とは昔よく暗唱した藤村の詩の一節です。約2時間の奮闘で厨房も客席の床も随分と綺麗になったのでした。スタッフを帰してグリストラップの掃除にかかる。

外は朝から雲一つない晴天。こんな陽気には何処かに散策に出掛けたらさぞ気持ちが好いだろうなと思いながら、女将がスポーツクラブから帰る前に、昼の用意に家に戻る亭主なのでした。この数年間の亭主の生活は、家と蕎麦屋の僅か400m 足らずをを往復するのが亭主の壺中の天地。一日で歩く距離はpekoの散歩を含めても4000歩。それが好いのか悪いのか。違う生き方もあったのだろうけれど、一度始まれば止められない人生。

先週、蕎麦屋で残した野菜類を同じ大きさに刻み、肉を炒めて卵を和えて、今日もカレー炒飯の出来上がり。スープも蕎麦屋のかき揚げの具材の残り物を海老とコンソメ味で仕上げる。ちょうど女将が玄関の扉を開けて帰ってくる。絶妙なタイミングで、二人でテレビのニュースを見ながら食卓に付くのでした。午前中の奮闘で疲れた亭主は食後の昼寝で、目覚めればもう午後の仕込みに出掛ける時間。昼寝の出来るだけ幸せな定休日なのです。

青空の広がる午後の陽射しを浴びながら、明日の蕎麦豆腐とデザートの水羊羹を仕込んだら、天麩羅の具材を切り分けて容器に入れる。冷蔵庫の野菜室を開けながら、生椎茸の量は5日間の営業に足りるだろうか、茄子やピーマンは大丈夫かと仕入れた野菜の量を心配するのです。最後に茄子と胡瓜を糠床に漬けて、今日の仕込みは終了なのでした。洗い物を済ませて、火元を確認したら、今日一日の疲れをほぐすためにプールに出掛けて泳ぐ。

とっくに4時を過ぎているから、子どもたちのスイミング教室が4コースと賑やか。一般の人が泳げるコースはウォーキングコース以外の1コースだけだけれど、4人ほど先客が泳いでいる。準備運動を丹念に済ませて、邪魔にならないように間を開けて泳ぎ始めるのです。最近、バタフライを意識して泳ぐせいか、後で筋肉痛が出るので、今日はしっかりとクールダウンをして上がるのでした。帰りには一階の魚屋とスーパーに寄って買い物。

夕刻のpekoの散歩を終えた女将が、食事の支度をして亭主を待っていてくれる。今日は昨日買ってきた生サンマの塩焼きと聞いていたから、酢橘を買って帰った。タンパク質はしっかりと身体に吸収させるためにも柑橘類とは相性が好いのです。それにしても、朝から晩まで、空は雲ひとつない晴天で、台風の前の静けさなのか。明朝は冷え込むと言うけれど、これが例年の陽気なのだと女将に言われて、厚手の寝間着を着込む亭主なのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.