暑さが戻って…

昼夜営業の週末の疲れが出たのか、夕べは10時過ぎに寝たのに、夜中に二度ほど目が覚めて、結局、今朝は7時近くまで起きられなかった。やはり、もう若くはないのですね。毎日、昼夜の営業を続けてお客を集められれば、もう少しは楽な生活が出来るのかも知れないけれど、隠居仕事の趣味の蕎麦屋の主人には、毛頭、そんなつもりもないから愉快。朝7時の空は晴れて高い雲がうっすらとかかっていました。今日は暑くなりそうな感じ。

散歩から帰ったpekoが、例によってうろうろと寝場所を捜すのだけれど、今朝は椅子に乗せてやっても、じっと亭主を見つめてハアハアと口で息をしている。やはり、今朝は暑いのだろうかと、また床に降ろしてやれば、今度は小母さん座りでまたハアハアと亭主を見ているのです。身体の暑さが収まるまでは眠れそうにない様子。そう言えば亭主も朝から半袖だったから、いつもよりは気温が高いのです。蕎麦屋に着くまでにもう汗をかく。

蕎麦打ち室も26℃と昨日よりも2℃ほど暖かい。湿度は60%だったので、今朝の加水率は38%。それでぴったりの水加減だったけれど、これを方程式には出来ないだろう。挽いて送ってもらう蕎麦粉の袋を開封して、どれだけ時間が経つかとか、篩に掛けて捏ね鉢に入れてどれだけ置いておくのかと、細かな条件が沢山ありすぎる。夕べも夜のお客はなかったので生舟には蕎麦が残っていたから、今朝も一回だけの蕎麦打ちで済みました。

今日は平日だったけれど、近くの母子が来ると言っていたので、野菜サラダを余分に盛り付けておきました。息子が修学旅行の代休だから、先に来て席を取っておくという話だったのです。近所の会社に勤める母親は、昼の休みにやって来て蕎麦を食べるという計算。ところが、今日は暖簾を出す前からもうお客がいらっして、12時前には常連さんの母子も来たので、テーブル席はもう一杯なのです。席を取りに来た少年はカウンターに座る。

幸いにも、常連さんの息子と同学年で知り合いらしかったので、お互いに話をしながら母親の来るのを待つ。先にいらっしたご夫婦が帰られて、少年をテーブル席に座らせれば、また次のお客がいらっしゃるという具合で、平日なのに今日も随分とお客が入ったのです。やっと昼の休みにやって来た母親が席に着けば、今度はお母様同士が賑やかな会話。追加の単品の天麩羅や、持ち帰りの蕎麦豆腐やデザートなどを注文して先の母子が帰る。

カウンターにはまた別のお客が座って、二箱の生舟にも蕎麦が残り僅かとなるのでした。やはり秋の暖かい日だから蕎麦日和なのか。9月は最後の日までお客に恵まれて好かった。開店前のお客が来る前に、スタッフとぶっかけ蕎麦を食べておいたから、後片付けをしても今日は時間に余裕があったのです。閉店後に女将が残り物のを取りに来る時間には、すっかり片付けが終わって珍しく一緒に店を出るのでした。ジリジリと暑い陽射し。

昨夜ゆっくりと眠れたせいか、遅い午後も眠気に襲われず、4時前にはプールに出掛ける亭主。月曜日は子ども達のスイミング教室が休みなので、コースは空いていました。50mを続けて泳ぐはずのセンターコースは、初心者らしき老人たちが占領していたけれど、隣のゆっくり泳ぐコースには誰も人がいなかった。「よし、やった」と独り言を言ったつもりが、監視員の女の子に聞こえたのか「頑張ってください」と言われて照れくさかった。

他に人がいないから、当然、気持ちよくバタフライから泳いだのですが、50mのターンをする頃にはもう人が入ってきたので、バックストローク、ブレスト、フリーと100mずつ続けて泳ぎ、スカーリングとフォーム修正のドルフィンスイムでダウンに入る。帰りには地階の魚屋を覗いて、旨そうな蛸やほっけや鯖を買ったら、スーパーに寄って肉類と女将の好きな果物を買う。と、肩を叩く後ろを見れば、休日の床屋の親父様なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.