晴れ間が覗いて蒸した一日…

だいぶ朝が涼しくなったからか、pekoの散歩も公園回りで3ブロックを歩いて家の前の坂道を登れるようになった。ご近所の萩の花やムラサキシキブの実が秋の風物詩です。亭主もジャージの長袖を羽織らないと、ちょっと涼しすぎる朝なのでした。昨日のうちに裏の幼稚園の運動会も終わって、静かな日曜日の朝です。散歩を終えて朝飯を食べ、女将のいる食堂と、亭主のいる居間とを行ったり来たりして寝場所を捜すpeko は定位置で爆睡。

以前なら、走ってきてパッと椅子に飛び乗っていたのですが、年老いた今は亭主の手を借りなければ、椅子の上には登れない。女将と亭主がpeko の変化に気づいたのは、居間を抜け出し、二階への階段を登ろうとして、途中まで上がった所で上にも下にも動くことが出来ずに、座り込んでいるのを見た時です。気持ちではいつも登っているからと思ったのでしょうが、身体が言うことを聞かないのに後から気づいたらしいのです。人間も同じ。

かく言う亭主も最近は朝の寝起きが悪い。床の中で目は醒ましているものの、朝方に身体が冷えるらしく、全身の筋肉がなかなか動き始めないのです。朝の散歩も半分身体は眠っている状態で、朝食を終えてコーヒーを飲む頃にやっと目が覚めて、洗面を済ませると、さあ今日も蕎麦屋に出掛けるぞという気持ちになるのです。それでも、雪駄を履いて日曜の人影もない通りを、辺りの景色をゆっくり眺めながら。のんびりと歩いて行くのです。

幟を立てたり、米研ぎをして炊飯器にかけたりと、朝の仕事を終えて蕎麦打ち室に入る頃には、体も心もしゃきっとして、室温と湿度を勘案して今朝の加水率は38%と決める。我ながら見事な水加減で、今日も好い蕎麦が打てると心が弾むのです。切りべら29本で130gの蕎麦の束を8つ取り終えたら、今朝の蕎麦打ちはお終い。昨日の生舟には、夜の客がなかった分、蕎麦が残っていたから、今日は15食の用意で営業を始めるのです。

天気予報では曇りで気温も低いと言っていたけれど、どうも外は蒸し暑く陽も差している様子。日曜日は天気の善し悪しにかかわらず、お客が多いことがあるので、午後に追い打ちを掛けることを覚悟での仕込みなのです。気温も低く天候が悪ければ、お客は少なくなるから、沢山打ち過ぎて、蕎麦が残るのを嫌ったのでした。「外は晴れているから、予報も変わったわよ」と、遅れてやって来た女将が言うものだから、ちょっと冷や冷やもの。

野菜サラダの具材を刻んで、11時前に今朝の仕込みを終えたら、駐車場にもう車が入ってきたけれど、女将の準備も終わっていなかったから、看板の開店時刻を見て帰って行く客を見送るだけ。夏の暑い時期や冬の寒い時期には、店の中に入ってもらうこともあるけれど、準備が整わないと調理は始められないのです。炊飯器のタイマーも開店時間に炊きあがるようにセットしてある。ぶっかけ蕎麦を茹でて早い昼を食べておく亭主なのです。

給料日の後の日曜日だから、買い物をしながら出掛ける人もいるのか、珍しく平日並みのお客の数だったから、ホットしたような残念なような。今日はご新規のお客がほとんどでヘルシーランチセットと天せいろが随分と出たのです。蕎麦湯も全部飲み干して帰るお客が多かったので、それなりに満足して帰られたのかと思う。おろし蕎麦の大盛りを頼まれたご主人には、「お蕎麦はいかがでしたか」と尋ねれば、「美味しかった」の一言です。

閉店の準備をしようかと思っている頃に、今日初めての常連さん。何時も天せいろと鴨葱の塩焼きや出汁巻き卵を注文されるから、厨房の亭主は、駐車場に入った車を見て、もう心の準備は出来ていました。火口が足りないので、どれだけ手際よくこなせるかが勝負なのです。2時半前には洗い物を済ませて女将と家路を辿る。「今日はのんびりさせてもらったわ」とは女将の言。それでも1時間ほど横になって、夜の営業に出掛ける亭主…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.