今日も秋晴れで蕎麦日和…

心地よい眠りから目覚めれば朝の6時半。身体に悪いのは分かっているけれど、夜食のラーメンを食べると、とたんに眠くなるから不思議なのです。今朝もpekoを散歩に連れ出して、家に戻ればもう朝食の用意が出来上がっているのです。食後の珈琲を入れてもらって、今朝も朝ドラの始まる時間に蕎麦屋に出掛ける亭主。週末だから今日も蕎麦は、二回打つ覚悟なのでした。朝の仕事を終えたら、糠床から夕べ漬けた胡瓜と大根を出す。

8時45分には蕎麦打ち室に入って、20分足らずで二玉の蕎麦を捏ね上げてひと休み。今日は珍しく加水率38.6% といつもよりは水が多いのです。気温は24度、湿度は60%だったのですが、昨日の朝の草取りで全身筋肉痛だったから、力を入れるのを嫌った恰好となりました。本当に、もう若くはない。もっと筋トレでもすれば好いのだけれどと思いながら、いつもよりほんの少しだけ柔らかい生地を伸し棒で伸し広げるのでした。

今日の筋肉痛がどうして昨日の朝の草取りが原因だと思うのかと言えば、屈んだ姿勢で鎌を振って草を抜く動作が、脹ら脛や背中の筋肉に負担を掛けていると分かるからです。普段、やり慣れていない動作は、使っていない筋肉を酷使するから、短い時間とは言え、疲労が蓄積するらしい。週に四日のプールでの水泳では、四種目で全身の筋肉を使って運動をしているはずなのだけれど、水に慣れている亭主はキックをほとんど打たないのです。

少し柔らかな生地だったけれど、八つに畳んで十分に立派な蕎麦が打てました。無理に力を入れて打つ蕎麦よりも、ごく自然でいいのかも知れぬと、再三、思う時があるのです。蕎麦を打ち終えてエプロンに付いた粉を払いに外に出れば、空は見渡す限りの青空で、風も穏やか。これは蕎麦日和に違いないと、感覚で分かる。20食以上の蕎麦を用意して好かったと思うのでした。時間のない午後の追い打ちを避けたいと思うから、尚更のこと。

葱切りを済ませて、野菜サラダの具材を刻めば、時計はもう11時を回っている。それでも、他に仕込みはないので、週末にしては久々に、開店前にぶっかけ蕎麦を食べられる。出来るときに時間を取って、次の仕込みをしておくというのが、最近の進歩なのかも知れない。昨日も、昼の間に、豚肉のハラミの串焼きを仕込んでおいたし、プールに泳ぎに行く前に、昼の後片付けを済ませ、蕎麦豆腐やデザートの水羊羹を仕込んでおいたのです。

今日は昼過ぎから、近所の農家の常連さんがご家族でご来店くださいました。奥様は野菜を運んでくるから、農産物直売所で毎週のように顔を合わせるし、お婆さんと女将も昔からの顔馴染み。旦那はいつも酒を飲むから、亭主の話し相手で、稲刈りも終わったからと久しぶりのご来店なのでした。それから次々とお客がいらっして、昨日一昨日の来客の数と同じだけ人が集まる。「いらっしゃいませ」と、亭主も女将も忙しく立ち働くのでした。

常連さんがほとんどで、例の小学生もやってきてカウンターに座るのでした。「今日は学校休みじゃないの?」と聞けば、今日は休みじゃなくって月曜が代休なのだと言う。カウンターには他の常連さんたちも座っていたけれど、下げた盆や皿をどんどん洗いながら、調理をこなす亭主なのです。やっと一息ついた1時半。最後のお客がカウンターに座るのです。駐車場は空いていたのに、畑の脇に車を停めてきたらしいのに気が付かなかった。

昨日は路上駐車をしないでと言ったら怒って帰られた客がいると話せば、悪気はないのでしょうが、車を入れづらいのだと身勝手な言い訳をする。もうすぐ閉店で最後のお客だから、それ以上は追求しなかったけれど、人の好さそうな娘さんでした。家に戻って30分ほど眠ったら、夜の営業にまた蕎麦屋に出掛けて、明日の仕込みにてんてこ舞いの亭主。出汁を取りながら、小鉢に高野豆腐の煮物を作り、暗くなった夜道を家に帰るのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.