秋晴れの一日…

4時半に街路灯を頼りにpekoの散歩に出掛けて、5時には蕎麦屋へ向かう亭主。営業日にも草取りをしないと仕事が溜まるばかりと、今朝は二度寝をせずに頑張りました。昨日の三種目300mの後のバタフライではないけれど、やれば出来るはずなのに、気持ちが引いてしまうからいけないのだと、少し反省したのです。まだ夜明け前で薄暗いから、店の中の片付けを始め、洗濯機の中の洗濯物も干しておく。向かいの畑には朝靄が広がる。

駐車場の残り半分の草取りを終えたら、今度は蕎麦屋の東側の石を敷いた部分の草取り、そして沢山の野菜を地植えしてある南側。鎌を片手にどんどん草を抜いていく。耕されているから、根からすんなりと取れるのが救いで、ここまでにして残りは後日にしようかと玄関に回れば、ご近所の奥様がゴミ捨てに出ていたのでご挨拶。挨拶した手前、ビニール袋を取りに行って、先ほど抜いた草を次々と袋詰めする。しっかり1時間。爽快な気分。

何か目標を達成したという感覚が、気分を好くさせているのでしょう。西側のゴミ箱の周りには、70リットルのビニール袋が昨日の分と合わせて5袋も並んだ。疲れたと言うよりは、やれば出来るじゃないかと、自分に自信を取り戻すのでした。早くから亭主が蕎麦屋に出掛けたと知っている女将は、朝食の用意もいつになく手際が好い。食後に30分だけ横になって女将に起こされる。今日も朝は涼しかったけれど晴天で暑くなりそうです。

早朝に解凍しておいた石垣島のモズクを湯通しして、胡瓜のスライスと合わせて鮨酢と出汁に漬ける。日中、気温も上がると言う今日と明日の小鉢には最適かも知れない。蕎麦中の窓を開け放って、乾いた空気を家の中に入れる。今朝はやけに元気だと自分でも不思議なくらいなのです。蕎麦打ち室に入って、今日は一回限りの蕎麦打ち。昨日の蕎麦が生舟にちょうどひと箱分残っていたのです。蕎麦玉を寝かせている間に、次の段取りに入る。

漬けておいたもずくを小鉢に盛って、大釜に水を張ったら、新しい胡麻油の缶を開けて、天麩羅鍋に注ぎ足す。スタッフがやって来て、店の掃除を済ませ、厨房で大根や生姜を卸すのです。いよいよ蕎麦を伸し始める亭主は、加水率38%では若干柔らかめだったけれど、打ち粉を振りながら綺麗に八つに畳んで包丁切り。切りべらはいつもと同じ28本で130g。今日は大釜の火を点け忘れないようにと、厨房に帰ってサラダの具材を刻む。

暖簾を出して昼前になれば、歩いていらっしゃる三人連れのお客様、「こんにちは」と暖簾をくぐった顔を見れば、蕎麦屋の裏に住む奥様で、今日はご両親とご一緒なのでした。お父様がテーブルから立ち上がって、厨房の亭主に丁寧なご挨拶をされる。隣町に住んでいらっしゃると言うから、「お近くで好いですね」と、つい亭主も本音が漏れるのです。晴れた午後は、常連さんご夫婦がテーブルに座れば、続けて女性のお客がカウンターに。

車は二台だけなのに、店の前のバ停に車を停めて来ようとする若い夫婦らしい二人連れ。亭主が出て、「もう一台停められますからどうぞ」と言うのだけれど、「他の車が出られなくなるから」とおっしゃるので、「ひと声かければ大丈夫ですよ。路上駐車よりは好い」と応えれば、「分かったよ」と言ったきり帰られた様子。いろいろなお客がいるもので、こちらが丁寧に応対しても、腹を立てられてしまうのでは、取り付く縞もないのでした。

お客のいなくなった遅い午後、崩れた具材とかき揚げを添えて、スタッフと二人で賄い蕎麦を食べる。家に帰って女将の剥いた梨を頬張りながら、今日の営業の報告をする。パソコンに売り上げと写真のデータを入力したら、15分ほど眠っただろうか。居間のpekoを話し相手にしながら、プールの支度をして蕎麦屋へ出掛け、片付け物と明日の仕込み。女将はスポーツクラブに、亭主はプールへ出掛けてひと泳ぎ。今週も無事に四日泳げた。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.