朝夕はめっきり涼しくて…

長袖の上着を着ないと半袖だけでは寒いくらいの朝なのでした。peko を連れて公園回りの朝の散歩に出れば、近所の農家のビニールハウスのかなたに、優しい色をした青空が覗いている。朝食を終えて居間の椅子に座って休んでいたら、peko が食堂からやって来て、亭主の顔を見て吠えるものだから、寝場所を捜しているのだろうと椅子に乗せてやれば、案の定、亭主の席で気持ちよさそうに眠り始めました。言葉は通じないけれど判る。

何時もの時刻に家を出る時も、今朝は長袖のポロシャツを着てちょうど好いくらい。蕎麦屋の店内も23℃だから、奥座敷から洗面所、廊下と窓を開け放って、涼しい空気を入れるのでした。朝の仕事を米研ぎまで終えて、蕎麦打ち室に入れば24℃、湿度は60%。38%の加水率で蕎麦を二回打つ。一回目は袋に残った最後の蕎麦粉を使って、二回目は新しく送られて来た蕎麦粉を使う。やはり、二週間でも新しい粉の方が柔らかな仕上げ。

封を開けて冷蔵庫に入れておくだけでも、粉が乾燥してしまうのに違いない。蕎麦玉を寝かせている間に、糠床からお新香を取り出して、小鉢に切り分ける。ついでに昨日洗濯した布巾類を干しておく。そうしているうちにスタッフがやって来て、店の掃除を始める。定年まで美容院に勤めていたと言うだけあって、彼女の掃除の仕方はテーブルや椅子のシートまでアルコール除菌液で拭くという丁寧なものなのです。その分、毎日が早出。

今朝の蕎麦も我ながら見事な出来映えだったから、こんな日は特に、お客に食べてもらいたいと思うのです。切りべら29本で130g越えで、均等な細さでしなやかな仕上がりでした。厨房に入って野菜サラダの具材を刻もうとしたら、レタスを買い忘れているのに気が付く。隣町のスーパーでレタスを見たら、傷んでいるものはばかりだったから、他で捜そうと思って忘れてしまったのです。今日はキャベツと人参のコールスロー分を増量。

11時を過ぎた頃になって、大釜の火を点けていなかったことに気が付いたから大変。沸騰するまで40分はかかるから、蕎麦を茹でる釜の水を半分に減らして、蕎麦茶用の湯はIHで沸かして緊急の対応をするのでした。蕎麦は多めに打ったのだけれど、そんなこんなで、開店前に賄い蕎麦を食べることが出来なかった。外は青空が雲間から覗いているという感じで、時折、日が照る天気。気温も26℃だけれど窓を閉めてエアコンを入れる。

昼前に、蕎麦屋の裏手に住む男性が車でいらっして、カウンターの奥に一人座ってヘルシーランチセットの天せいろをご注文。例によって静かに昼食を食べたい様子なので、料理を出したら亭主は奥の座敷でもう一休み。しばらくして、「お願いします」とスタッフの声が聞こえるから、厨房に戻ってみるといつもの男の子がカウンターに座っている。最近は、自分からぼそぼそと話をするようになり、お婆さんが来なくても一人で食べて帰る。

テーブル席も埋まって、平日にしては結構なお客の入りでした。遅い午後には女将の友人の常連さんがいらっして、美味しそうに蕎麦を啜るのです。「本当に蕎麦が美味しいわ。いつもここでリラックスできるのよ」と言って、お土産まで持ってきてくださった。連休にお友だちといらっしたばかりなのに、いつも介護のボランティアをしているというから、仕事の帰りなのかも知れない。閉店前に、スタッフとやっとぶっかけ蕎麦を食べる。

家に戻ってパソコンに今日のデータ入力をしたら、30分ほど横になって眠った。食材を届けてくれることになっていた業者から「あと10分ほどで着きます」と電話が入って目を覚まし、プールの支度をして蕎麦屋に出掛ける。ちびっ子たちのスイミングが始まっている時間だったから、泳ぐコースは2コースだけだったけれど、昨日今日の疲れで怠い身体をほぐして泳ぎ始める。平泳ぎの100mでコースが空いたから、今日はバタフライ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.