定休日二日目も晴天、終わりのない挑戦か…

昨夜はたまにはゆっくりとしたいと、真夜中近くまでテレビで映画を観たのですが、朝はいつもの時間に目が覚めて、朝飯前に公園回りで peko の散歩に出掛ける亭主なのです。身体は疲れているのに、意識は現実世界にあるから、何度も今朝の段取りをシュミレーションしながら、いつもの時間に「行って来ます」と、車に草取りと剪定の道具を摘んで蕎麦屋に出掛ける。まずは西側の小径の草取りと木槿やジャスミンの蔦の剪定からです。

台風で被害のあったお隣の畑では、ひまわりの茎も綺麗に撤去されて、壊れたビニールハウスの骨組みや、ひっくり返った無人の野菜販売の小屋もなくなっていました。90歳になると言うお爺さんが一人でトラクターで耕した畑が、見事に復元されているから勇気をもらった。こんな小径の草や木ぐらいと、鎌と花切りばさみで小一時間奮闘したら、70リットルのビニール袋に二袋のゴミが出た。今朝はこれが手始めで、次に駐車場に移る。

金木犀の枝を刈って、背丈の高さに切りそろえたところで、エアコンを入れておいた蕎麦屋の厨房に戻って、コーヒーを飲みながらもう次の仕込みの段取りを考えている亭主。タブレットで明日の天気予報を見ながら、デザートに何を仕込もうかと作戦を練るのです。駐車場の柊南天や美央柳が、思ったよりも大きくなりすぎていて、車止めの直ぐ近くまで広がっているから、これではお客も車を停めるのに苦労をするわけだと、枝を切り込む。

実際に、自分の車で後ろから停めてみると、後方のセンサーが枝に反応してピッピーと鳴り続ける。最近、お客が車を以前よりも入口近くに停めるようになったのは、まさにこのせいなのだと、太い枝を根元からばっさりと切る。お蔭で、70リットルのビニール袋が4袋も必要だった。2時間半も戸外での草取りと剪定に時間を費やしたものだから、肝心の午前中の仕込みが何も終わっていない。少し焦って冷蔵庫から急いで具材を取り出す。

今日は午前中に、親子丼の具材を煮込んで、カレーを作る予定なのでした。時計は11時を回っていたけれど、大急ぎで生もの用のまな板を取り出して、鶏肉を切り分けたら、水を張った二つの鍋に次々と入れて火にかけていく。鶏の出汁が出るまでに、それぞれの具材を切り分けてどんどん煮ていくのです。親子丼は出汁醤油と砂糖を加えて、カレーの鍋にはミニ菜園から採ってきたベイリーフを入れて、灰汁を取りながらルーを加えていく。

そろそろ女将が帰ってくる時間だから、昼の支度に家に戻らなければいけない。厨房の火を止めて、エアコンを消したら、まだ駐車場に残っている切り落とした枝を、70リットルの袋にもう一杯詰め込んで、全部で5袋。家庭用のゴミ袋なら10袋分ぐらいはある計算です。これはすべて業者に頼む有料のゴミだから、きっと月の契約重量を超えている。午後は蕎麦豆腐とデザートを仕込み、天麩羅の具材わ切り分け、糠漬けも漬けなければ。

家に戻ったら、女将に野菜を刻んでもらいながら、亭主が中華鍋を振っていつものカレー炒飯とコンソメスープで昼を済ませる。スープの具材は茄子やピーマン、椎茸、オクラと蕎麦屋の天麩羅の具材の残りに、むきえびを入れたから、ひと味高級な風味なのでした。食休みにパソコンに向かいながらウトウトしたら、横になっても午後の段取りが気になって眠れない。思い切って、空いている時間にプールに出掛けて、まずは気分転換をする。

センターコースが一番空いていたから、話に夢中の小母さんたちを気にせずに、バタフライだけは遠慮して、ノンストップでどんどん泳ぐ。50mを休まずに速く泳ぐコースだから、クイックターンを決めながら、平泳ぎに移る頃にはコースに他の人はいなくなった。しかし、それからバタフライは泳げないのが悔しいところ。もっと体力を付けなければ。蕎麦屋へ戻って午後の仕込みを終える頃には、夕陽が森を赤く染めているのでした…。

This entry was posted in 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.