お彼岸の中日は、空は青く雲が流れて…

早朝のpekoの散歩は公園回り。隣の農家の蕎麦畑には白い蕎麦の花が咲いていました。ご主人が蕎麦が好きで自分で食べる分だけ作っているのだとか。風景としては素敵だけれど、蕎麦の実を収穫して製粉するまでの手間を考えると、蕎麦屋の主が蕎麦を栽培するというのは、とても大変なことです。霊犀亭の主人は、そこまでは蕎麦に縛られたくない。栽培する農家を信頼して、挽きたての丸抜きの常陸蕎麦を一週間おきに仕入れています。

南風なのか、青空を覆うような雲がみるみる北に流れていく。今日は蕎麦粉が配達される朝なので、朝ドラの終わる時間には蕎麦屋へ出掛けて、朝の準備を済ませてておくのでした。二軒隣の若い奥さんが、女の子を胸に抱いてゴミを出しに行くのに出会ったのでお互いに挨拶をする。後からまだ学校に上がらぬ下の男の子がもう一つゴミ袋を両手で抱えて付いて来るから、「偉いねぇ」と褒めてやる亭主。これものどかな朝の風景なのです。

夕べ漬けた糠漬けを小鉢に盛り付ければ、胡瓜も大根も好い味を出しているから嬉しい。今朝は珍しく外の空気の方が暖かく、店の中は23℃とひんやりしている。日本海を北上する大型の台風の影響で、南の湿った空気が押し寄せているらしいのです。蕎麦打ち室の湿度は80%、沢山打った昨日の蕎麦が、生舟に一箱以上は残っていたけれど、今日はお彼岸の中日で、例年、混む日だから、少しだけでもと打ち足しておくことにしたのです。

蕎麦打ち室は26℃もあったから、加水率は思い切って37%にしてみたけれど、これがまた大正解。切りべら28本で130gを越える蕎麦の束が、綺麗に仕上がるのでした。研いだばかりの包丁もさることながら、やはり、水加減でこれほど蕎麦は上手く仕上がるものかと、我ながら感心するのです。今朝の青空のように、清々しい気分。ただ、心配なのはこの南風で、徐々に強く吹いてくるから、お客の入りに影響しなければ好いけれど。

野菜サラダの具材を刻んで、月曜日だからと今日は三皿だけ盛り付けておく。蕎麦を一回しか打たない朝は、開店前に時間が余るから、早お昼を食べに家に帰った女将が戻る前に、蕎麦を茹でてぶっかけにして食べる亭主なのでした。昨日の太さの揃わない端切れを取ってあったのですが、それでも十分にコシがあって美味しい。天かすが蕎麦汁に馴染んでコクが出る。蕎麦屋の主が美味いと言って食う蕎麦は、お客も喜んでくれるでしょう。

今日も開店時刻を待っていたかのようにお客が続けていらっしゃる。先に店に入った子供連れの夫婦が注文を決めかねている間に、直ぐ後に来たご夫婦が、それを尻目に「おろし蕎麦大盛りと天せいろにビール」と女将に言っているのが聞こえる。素早く亭主がグラスと先付けを用意しておくのです。子連れの夫婦は天丼セットに鴨葱の塩焼きのご注文だったから、天麩羅を三人前揚げ始めるのです。稚鮎や鯊(はぜ)の天麩羅と焼売も追加。

こういう時は、まず蕎麦本体の注文を先に仕上げてお出しするのがポイント。ほとんど同時に店に入ったお客だから、先にオーダーしたお客が後から追加注文をしても、次のお客のオーダーも通っているので、無視するわけにはいかないのです。次々と追加で注文をされるから、女将は言ったり来たりでもうてんてこ舞い。調理をする亭主が、先に蕎麦を出しますと、声を掛けて事なきを得るのです。その間にもう次のお客がカウンターに座る。

今日は、洗い物をする暇もなく、次々とお客がいらっしゃった。鴨せいろが随分と出て、丼物のご飯も売り切れたけれど、不思議と野菜サラダや蕎麦豆腐の出が悪いのでした。風は相当に強くなっていたけれど、お客は止まらないのです。1時半にいらっしたお客を最後に、「お蕎麦売り切れ」の看板を出す。珍しくご新規さんの多い一日でした。女将と二人で洗い物に1時間もかかり、家に戻って一休み。プールに出掛けて腰痛を治す亭主…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.