秋晴れの爽やかな一日…

朝の気温が17度まで下がって、長袖を着てもまだ涼しいくらい。まるで高原の夜明けなのでした。pekoと公園回りの散歩に出れば、朝日が眩しい。今日は昼も晴れると言うから間違いなく蕎麦日和だと思えて、二回打つ蕎麦の量も迷うことがなかったのです。米を研ぎ炊飯器にかけて、分葱が手に入らなかったから、ミニ菜園の小葱を採って洗わなければと、今朝の店での仕事の段取りを、居間の椅子に座りながら考えている亭主なのです。

一足先に朝飯を食べたpekoは、床は寒いと見えて前足だけ亭主の座る椅子に乗せて、上に上げてくれとせがむのです。亭主が食堂で朝食を摂っている間に、主人のいた場所に移って夢心地。洗面と着替えを済ませて女将の入れてくれたコーヒーを飲んだら、朝ドラの時間にいよいよ蕎麦屋に出掛ける。爽やかな空気が清々しい。明日は彼岸の入りだから涼しくなるのも当然か。季節もすっかり変わったと、幟を立てて朝の支度をするのです。

米を研いで炊飯器にかけたら、ミニ菜園の小葱を採りに出れば、隣の奥さんが「お早うございます」と声を掛けてくれました。息子の年頃だけれど、若いのにしっかりしている。夏前にあげたつもりのポットの支柱を、季節も終わったからと返してくれた。ミニ菜園を眺めて「来年はもっと頑張ります」などとしばしの会話。小葱は丁寧に根から抜いてから綺麗に洗う。昨日研いだばかりの包丁で刻めば、採りたての葱はやはり香りが強いのです。

蕎麦打ち室の室温は24度、湿度は56%。39%の加水率では、ちょっと多すぎると、用意した計量カップに少しだけ水を残して、蕎麦粉を捏ね始めるのでした。これが絶妙の水加減で、少し硬かったけれど力を入れて練りに練る。表面がしっとりとしてきたら、菊練りに入って、でっち上げたらビニール袋で包んで、次の蕎麦粉を捏ね始めるのです。約1時間の格闘の結果、生舟二箱の蕎麦を仕上げる。切りべら28~29本で好い感じ。

天気は上々、秋の空だったけれど、暖簾を出しても昼までお客が来なかった。退屈しのぎに隣の畑の風景を眺めていたら、バス通りをすたすたと歩いてくる少年がいる。遠くから見て直ぐに気づかなかったのは、身体が一回り大きくなったからでした。学校の給食が食べられないからと、昼は近くの家に帰るのだというのですが、こうやってたまには一人でも蕎麦屋へやって来る。お婆さんがくれるお金を握ってせいろ蕎麦を食べに来るのです。

どうも蕎麦屋は居心地が好いらしい。以前よりは随分と話もするようになった。薬味も小鉢も食べないから、亭主は海老を二本揚げてやる。カルピスと菓子も出してやるのです。そして、時間を気にするように今日は早めに店を出て、またすたすたと歩いて帰る。青空にはぷかぷかと雲が漂って、好い天気なのにお客は来ない。かき揚げを揚げて、スタッフと賄い蕎麦をぶっかけて食べておくのです。亭主が食べ終わる頃にお客のご来店でした。

隣町の元の町会長さんと奥様が、神奈川から来たという中年の息子と一緒に蕎麦を食べに来た。以前も常連さんと一緒にいらっしたのだけれど、今日は蕎麦の好きらしい息子さんが、美味い蕎麦屋はないかと言うので連れてきたとおっしゃるのでした。新小岩に長いこといらっしたと言うご主人が、旭庵の蕎麦の話をし始めたので、「私も随分通いましたよ」と、直ぐ近くの調理師学校に通っていた亭主が会話に加わる。縁は異なもの…です。

一通り蕎麦の話が終わったら、「ここの蕎麦は安すぎるよ」とおっしゃっるので、例によって亭主が蕎麦屋開業の経緯を話す。毎日する事があって、客との会話があって、老化防止にはちょうど好いかと納得されて「また来ますよ」と言われてお帰りになる。ラストオーダーの時間には店を閉めて、夕刻にもう一度、業者の配送を受け取りに蕎麦屋へ戻る。後はプールでのんびりと泳いで、家の買い物をしたら、相撲中継の観戦をする夕べ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.