午後から夜まで雨が降り続き…

定休日二日目も5時に起床の亭主は、予報では朝から雨という話だったから、降り出す前にとpekoを散歩に連れ出したのです。まだ、陽が昇っていなかったけれど、どうも雨が降る気配ではなさそうだったので、朝飯前に蕎麦屋に出掛けて、明日の出汁を取っておこうと奮起する。今朝はお袋様を病院に送らなければならなかったから、家でもうひと眠りしている暇はなかったのです。蕎麦茶を沸かして冷やしたら、約1時間の出汁取り作業。

やっと朝日が昇って店の中も眩しいくらいでした。6時過ぎだったから随分と日の出も遅くなったものです。家に戻って改めて天気予報を見たら、今日は午後から夕刻にかけてが雨と変わったらしい。朝食に残り最後の蕎麦を茹でて、女将の朝ドラが終わる時間を見計らってお袋様を迎えに出る。駅前の高層マンション群の一画にある整形外科に、一番近い場所で車を降ろしたら、そのまま蕎麦屋に出掛けて、今日の仕込みを開始するのでした。

蕎麦豆腐を仕込み、デザートには抹茶小豆を作っておく。途中で、家で女将が修繕してくれた蕎麦屋の日除け暖簾を取り付け、これでなんとか格好が付いたのです。ゴミ回収の業者に電話をして、今月はまだ請求書が届いていないと言えば、先週は台風の影響で4日間も停電だったそうで、業務にも支障が出たらしい。天麩羅の具材を切り分け、容器に詰めたら、今日の仕込みも終わりで、お袋様から迎えの電話が入るまで、包丁を研いでいる。

お袋様を自宅まで送り届けたら、今度は家に戻って、女将の帰る前に昼の支度をする亭主なのです。今日は涼しいからと、昼は久しぶりに、あんかけ湯麺と自家製餃子で身体を温める。雨が降り出していたけれど、午後は女将と日本橋まで出掛ける予定だったから、休む暇がない。上の娘と同じ歳で、小さな頃から家族同士で親しくしていた職場の先輩の息子さんが、都心の画廊で個展を開くというのでわざわざ招待状を送ってくれたのでした。

芸術の秋だから、女将も都内に出掛けるのを嫌がらなかった。亭主は、送られてきた画集が、かなり洗練された作品ばかりだったのに驚いて、実際に見てみたいという気があったのです。雨の降りしきる中を車で駅前の駐車場まで行って、後は地下鉄に乗り換えれば濡れずに目的地まで到着。1時間も電車に揺られて出掛けるのは、先月の都美術館以来か。いつも都内で昼には美味しいものを食べるけれど、今日は二人とも午前中は忙しかった。

目的のデパートの本店は改装中ではあったけれど、地下鉄の通路から直接に入れるようになっていて、さすがに豪華な店内には、お客よりも多い従業員が、忙しそうに立ち働いているのでした。歴史のある古い建物のはずなのに古くさいという安っぽさがなく、巨大な吹き抜けと好い、1階から5階に届くようにそびえる壮大な天女の像は圧巻なのでした。エスカレーターで各階の様子を眺めながら、画廊に到着すれば、結構、人がいるのです。

残念ながら本人には会えませんでしたが、会場の入口には「蒼刻」と名付けられた海と森との神秘的な風景画が飾られていました。日本画とはいっても、かなり斬新な境地なのでしょう。画廊の中を女将としみじみと眺めて回ったら、やはり雨の中を来て好かったと思えたのでした。気迫に溢れる作品の数々に驚かされるばかり。それぞれの畑は違っても丹精を込めて仕事をすると言うのは、こういうことなのだと改めて思い知らされるのです。

帰りしなに、女将と和食器のフロアを見て回ったら、やはり超一流の品物ばかりで、亭主の目に留まったのは江戸切り子のグラス。霊犀亭で出している切り子のグラスも、船橋の百貨店で一番好いものをと、買い揃えたつもりでしたが、やはりその精緻さも値段も桁が違うのでした。何でも、一流のものを見るということはとても大切なことと、頭では判っているつもりでも目から鱗。蕎麦打ちの世界でも同じようなことがあるのかも知れない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 芸術. Bookmark the permalink.