杖を買いにお袋様と…

一週間の仕事を終えて迎える定休日の朝は、ゆっくりと休めるはずなのに、5時に目が覚めてトイレに行けば、peko が玄関口へのドアの前で散歩の時間を待っているのでした。仕方がないから、寝ぼけ眼で玄関を出て2ブロックほどを回って来る。涼しくなったからか、あまり嫌がりもせずに歩いてくれるから助かるのですが、家に戻っても女将はまだ起き出して来ない。朝食を遣ったら亭主はまた寝床に戻る。女将は寝覚めのヨーガの最中。

それから2時間ほど眠ったら、女将の朝ドラが終わった頃に、鍋に湯を沸かして昨日残った蕎麦を茹でて食べる。昨日の夜食にも温かい汁で肉蕎麦を食べたばかりだったけれど、こんなに美味しいものはないと思っているから、大根おろしと天かすと葱と山葵で、スルスルッと搔き込むのです。女将がこれも残り物の野菜サラダを出してくれた。9時前にはお袋様に電話をして、今朝の仕入れに出掛ける。台風の後で品物が十分に揃っていない。

座骨神経痛が思うように好くならないと言うので、仕入れた食材を冷蔵庫に入れたら、お袋様を迎えに行って、駅前のショッピングモールに杖を買いに出掛ける。以前は、嫌がっていたけれど、何処にも出れないで家にばかり居るのはストレスが溜まるらしく、針治療にも見切りを付けて、明日は亭主が車で送って以前通っていた整形外科まで行くことにした。買い求めたばかりの折りたたみ式の杖を使って、広いモールの中を少し散策する。

昼は女将と二人でせいろ蕎麦を茹でて食べる。丁寧に仕上げた蕎麦だから、やはりせいろで食べるのが一番。お袋様を送った帰りに隣町のスーパーに寄って、買えなかった食材が入ってないかと見て回ったけれど、まだ入荷していない。仕方がないから、昼の蕎麦にと鰯と海老の天麩羅とカキフライを買って帰ったのが、ちょうど好いおかずになった。食後の一休みで、亭主は書斎で新しいエアコンのスイッチを入れて、ひと眠りするのでした。

遅い午後に目覚めたら、女将は蕎麦屋の日除け暖簾の修復にかかってくれていた。亭主は蕎麦屋に出掛けて、今日の分の仕込みを済ませる。南瓜を切り分けて、端切れを出し汁で煮込んで従姉妹煮を仕込んでおくのです。高野豆腐を煮込んだら、干し椎茸と人参は別のなべて少し甘めに煮て、これも小鉢の仕込みなのでした。帰りにトイレットーぺーパーやテッシュなど女将の持ちきれない買い物をして家に戻れば、pekoと女将を病院に送る。

月に一回の検診だけれど、最近は老犬が歩けないのが心配だからと、行きだけでも車に乗せてやるのでした。明日はお袋様の病院への送迎と仕込みとでまた朝から忙しい。午後は女将と日本橋まで知り合いの日本画の展示会を観に行く予定なのでした。そして、夜は防犯パトロールだから、結局、プールに出掛ける余裕はなさそう。雨の一日だと言うけれど、降ってくれれば、蕎麦屋のミニ菜園の水遣りや草取りが免除されるので、有り難い。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.