昼過ぎまでの雨風で…

雨風でお客の少なかった定休日前。疲れてないので家に戻っても何か手持ちぶさたで、子ども達のスイミング教室のない月曜だからと、プールに出掛けてひと泳ぎしました。やけに空いていたからセンターコースには誰も人がいない。準備運動をしていきなりバタフライから泳ぎ始めて四種目。これを二回ほど繰り返して泳いでいたら久々に気が晴れました。家に戻って相撲中継を観ていたけれど、肝心の取り組みの時に眠ってしまったから、女将に笑われたのです。

ぐっすりと寝込んで目が覚めたら今朝は、もう雨が降っていたので、pekoの散歩にも行けずに蕎麦屋に出掛けて昨夜の片付けをする。蕎麦豆腐を仕込んだり、薬味の葱がなくなったから、ミニ菜園の分葱を摘んで来て刻むのでした。ちょっと足りないときのために、作っている作物は有り難い。週末がかなり混んだから女将も疲れた様子だったけれど、この雨風では例年ご家族でお客の来る敬老の日も、あまり期待できなかろうと、蕎麦も少なめに打っておくのでした。

室温は24℃、湿度が80%だったから、加水率は38%で蕎麦粉を捏ね始める亭主。これがまたぴったりの水加減で、丸出しから四つ出しへと移る際にも、四隅の厚さが均等になるように注意して、本伸しにかかるのです。まったく水回しがすべてという仕上がりの好さなので驚いた。切りべらは28本から29本。今日の蕎麦も是非ともお客に味わってもらいたいと思える出来の好さなのです。最近は、いつも均一な仕上がりになっているから、少しは上達したのかしらん。

今日のデザートには、数が調節できる大福を四つだけ包んでおく。豊缶で作る水羊羹や、型に入れるフルーツの寒天寄せは、数が沢山出来すぎてしまうから、定休日の前日にはなかなか作ることが難しいのです。30g のあんこ玉を四つ丸めておいて、70g の白玉粉を同量の水と氷糖蜜に溶かして火にかける。餅状になるまでへらでかき混ぜながら、熱々の餅を掌に載せてあんこ玉を包んでいく。これが四つだからまだ堪えられるけれど、数が多いと火傷状態。

野菜サラダも祝日だけれど、平日と同じ三皿だけ盛り付けた。今日はまだヘルシーランチセットをご注文のお客がいたから好かったけれど、出ない日はすべて家に持ち帰らなければならないから、女将と二人で食べても三食サラダ責めにあうのです。ミニ野菜サラダとメニューには載せているけれど、長い間に具材の種類も増えて皿も大きくなったから、そろそろ「ミニ」を外しても好いかも知れない。アスパラやブロッコリーも季節が終わるから、内容も考えないと。

若いカップルが昼前にご来店だったけれど、天せいろとぶっかけ蕎麦を注文して、随分とゆっくりとされていった。お客のこなそうな時間帯に、亭主は天かすを入れたぶっかけ蕎麦を茹でて、賄い蕎麦を食べてしまう。打ち立ての蕎麦の味は格別で、細いのにコシがある。天かすが蕎麦汁にコクを出して、これがまた美味しいので汁まで平らげる。天麩羅が沢山出た日の直後でないと、天かすは出来ないから、お客には野菜のかき揚げを載せて提供しているのです。

仕入れも一段落して、今週はお客も多かったから、やっと今日は銀行に入金が出来た。売り上げをいつもそのまま仕入れに回していたのでは、到底、黒字は見込めないから、こういう日が続くのが一番なのです。昨日の晩にいらっした女社長の言うように、「もっと遅くまで店を明けとかなければ、儲からないわよ」とはまさに箴言。人の多い街中の店ではないから、夜にお客が来る確率と、こちらの体力の消耗度を比べたら、なかなか実行には移せないけれど、うーむ。

台風で縫いしろが裂けてしまった大きな店の看板を、明日はお稽古も休みになったし、女将がこれなら縫えるというので、脚立を持ち出して外したのです。日除け暖簾が取り外されたら、どこから見ても普通の家なので、いつかもっと歳を取って、この壁の前の長椅子に座って、通りを眺める日が来るのかと、Sittin’ in the mornin’ sun I’ll be sittin’ when the evenin’ comeの「ドッグ・オブ・ザベイ」の歌の文句を思い出した。横浜の小野リサのコンサートで聴いたっけ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.