お蕎麦完売の午後、追い打ちを掛けたら、夜もお客が…

最近は遅く寝ても5時には目が覚めるのだけれど、今朝はそれから二度寝、三度寝で、7時に女将に起こされた。週末の夜の営業は、昼に蕎麦が売り切れれば午後に追い打ちを掛けて、夜は次の日の仕込みをするから、お客があればそれだけ時間が後ろにずれる計算。昨夜も出汁を取って、蕎麦汁まで仕込んだらもう8時を回っていました。それから家に戻って遅い夕食だから、どうしても夜は寝るのが遅くなる。pekoの散歩に出掛けてもまだ目が覚めないのです。

それでも、朝食を食べて女将にコーヒーを入れてもらったら、今朝も元気に蕎麦屋に出掛けていく。庭のカカッシアが花を咲かせたので、写真に撮っておきました。蕎麦屋の向かいの森では、台風で倒れた大木を綺麗に裁断して、柿の木の林に並べてあった。小枝は燃やして処分しているらしい。ご近所が助け合うとは言え、見事な修復だから頭が下がるのです。地元に蕎麦屋を開業して以来、近所の農家の人たちの仕事ぶりにはいろいろ学ぶことが多いのです。

今朝も隣の農家の90歳になるというお爺さんが、台風で壊れたビニールハウスの撤去を一人でこなしていました。亭主は朝の仕事を終えて、米を研いで炊飯器にかけたら、今日のデザートにと水羊羹を仕込んでおく。蕎麦打ち室に入って、蕎麦粉を計量すれば、室温は24℃、湿度は56%。加水率は強気の38%強で捏ね始めたら、やはり、じわりじわりと水分が粉の中からにじみ出てくるのでした。挽いてもらって、届いたばかりの蕎麦粉はやはり水分が多いのです。

でっち上げて蕎麦玉にしたらビニール袋に包んでしばらく寝かせておく。その間に厨房に戻って、夕べ漬けた糠漬けを取り出して、切り分けたら小鉢に盛り付けるのです。茄子も胡瓜もちょうど好い味で、特に茄子が甘いのには驚いた亭主。水っぽくなった糠床に、煎り糠を足しておいたのが好かったのかも知れない。最近、糠漬けのお新香はどのお客様も残す人がいないから、それなりに美味しいと言うことなのかも知れない。それも亭主の密かな喜びなのです。

蕎麦打ち室に戻って蕎麦を伸し始めると、今日も好い塩梅の硬さで、切りべら28本で130gを越える昨日と同じ太さの蕎麦が仕上がる。夕べ追い打ちを掛けた蕎麦の残りと合わせて、今日は15食の蕎麦を用意できました。しかし、さすがは日曜日とあって、昼前からお客が立て込んで、どんどん生舟の蕎麦がなくなってく。昼過ぎにはテーブル席も塞がって、6席あるカウンターもすべて満杯になったので、直ぐに「ただ今満席です」の看板を出して対応するのでした。

天麩羅を揚げる合間に、カウンターのお客には「台風で被害はありませんでしたか」と、声を掛けて話題を提供する。どのお客もご近所の方だから、それなりに影響はあるから、料理の仕上がる時間を忘れて、話をしてくださるのです。やはり天せいろが随分と出るから、具材を切り分けながら、天麩羅を揚げて蕎麦を茹でるという早技を繰り替えす亭主なのでした。ヘルシーランチセットのご注文も多かったので、女将もてんてこ舞い。皿や盆をセットしてフォローする。

やっと一段落したかと思えば、ショッピングモールからの帰りのバスで、裏のお年寄りご夫婦がご来店。最近は好くいらっしゃるからすっかり常連さんになりました。それで生舟の蕎麦は残りひと束と、亭主の昼飯用の端切れの交じったひと束。車でいらっしたご夫婦には、「ご免なさい、蕎麦は売り切れました」と断ったのですが、更に遠い所を歩いていらっした女将の友だちが来たので、「端切れが交じっても好ければ」と、野菜サラダも予備を盛り付けてお出しする。

休憩の時間もなかった今日は、さすがに忙しかった。昼の蕎麦はすべて売り切れたから、夜の営業のために追い打ちを掛けなければならなかったけれど、洗い物で精一杯だったから、ひとまず家に戻って小休止。女将に餅を二つだけ焼いてもらって遅い昼を食べ、4時にはまた蕎麦屋へ出掛けていく亭主。なぜかこんな日は夜もお客が続いて、若い女先生やらご近所の奥様が遠い町からのお友だちを連れてのご来店なのです。女性ばかりで話の弾む夜なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.