十六夜の月を眺めながら家路に就く晩…

天気予報がほとんど当てにならないほど、今日もめまぐるしい天気でした。明け方に雨が降って、pekoの散歩もままならなかった。朝の気温も低いからよく眠れたのだけれど、居間で寛いでいたら、床が冷たいのか、pekoが亭主の椅子に前足だけ載せて、上に乗せろとせがむのでした。以前なら、走ってきて飛び乗ったのに、やはり老いの訪れは犬も人間も同じらしいのです。自分の身体の衰えを自覚している犬の方が、もしかして人間よりも本能的に賢いのかも。

雨の上がった時刻を見計らって、今朝も蕎麦屋に向かう亭主。朝食後にまたひと眠りしたから、昨日の疲れは取れているはずだけれど、コーヒーを飲んで目を覚まさないとと、簡単ドリップの最後の一袋を開ける。南蛮屋からモカマタリが届くのは今日の午前中だけれど、宅配便が来るまで待てなかったのです。大釜に水を汲みながら、幟を出したり、カウンターに干した昨日の洗い物を片付けたりと、朝の仕事をこなすのでした。そして蕎麦粉を捏ね始めるのです。

加水率は39%弱。いつもと同じ硬さで、本伸しまで無難にこなしたら、八つに畳んで包丁切りにかかる。切りべら28本で昨日と同じ太さの蕎麦を仕上げて、今日は生舟に二箱分、17食の蕎麦を用意する。半分は昨日打った蕎麦だけれど、好い仕上がりだから、まったく今朝の蕎麦と遜色がない。この時点では雨は止んでいるけれど、外は暗い曇り空で涼しいから、これでお客が来るのだろうかと心配されるのでした。蕎麦打ちが終わる頃に、やっとコーヒー豆が届く。

今朝飲んだ簡単ドリップのコーヒーがあまりにも不味かったので、早速、封を切ってモカマタリを入れる。芳醇な香りとコクは、一度飲んだら忘れられないのです。自分が蕎麦屋の客ならば、昼の寛ぎにとせいろ蕎麦とこのコーヒーを注文するだろう。それでも、新蕎麦の打ち立てと合わせて1020円だから、安いものだと思う。もしかして、コーヒーとせいろ蕎麦のセットなどというメニューを作ったら、少しはコーヒーも出るのかも知れない。でも、店内は禁煙だから…。

今日は昼前に隣の市からご夫婦のリピーターさんがいらっして、いつものようにヘルシーランチセットの天せいろをご注文。「台風の影響はどうでしたか」と尋ねれば、二日間停電だったという。水は出たのだけれど、風呂には入れなかったらしい。そんな話が、今日のお客の間では随分と出ていた。通り一つ隔てて被害の状況が違うのだとか。閉店前にわざわざ柏から亭の蕎麦を食べに来たというリピーターの父子が、大盛りのせいろ蕎麦と稚鮎の天麩羅をご注文。

今日は大盛りが随分と出たので、二箱の生舟にも残った蕎麦が僅かで、時間も時間だから「お蕎麦売り切れ」の看板も出したけれど、午後は追い打ちを掛けなければなりませんでした。家に戻って、新しいエアコンの入った書斎でごろりと横になってひと眠りできたのです。音はしないし、快適そのもので、女将がお使いに出掛けている間に目が覚めて、再び蕎麦屋に出掛ける亭主。昼は結構気温が上がったから、蕎麦屋でもエアコンを入れて心地よい状態を維持。

蕎麦打ちを終えて、次の仕込みにかかろうかと言うときに、電話が鳴って6時15分には行けるからとおっしゃる。普段なら店じまいの準備にかかる時間帯だけれど、「お待ちしています」と言った手前、食材を用意してスタンバイしておく。蕎麦豆腐だけ仕込んで、デザートは明朝。今日は蕎麦汁が底をつきそうだったから、どうしても出汁を取って蕎麦汁と天つゆだけは仕込まなければならなかったのです。女将に電話をして事情を話して、帰りが遅くなると伝えておく。

果たしていらっしたお客は、昨日の朝、挨拶をしてくれた女性が子供さんを連れてのご来店。毎朝のように出勤の彼女とすれ違って挨拶をしていたから、初めてのお客という気がしない。お子さんがこの蕎麦屋で食べてみたいと言ったそうな。いろいろ話をしながら調理をしている間に、他のお客もご来店で、こちらは天せいろとビールをご注文。まとめて天麩羅を揚げ、蕎麦を茹でて一気に運ぶ。仕込みを終えて8時過ぎに帰る頃には、十六夜の月が綺麗でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.