涼しすぎる朝…

夕べ風呂から出て体重を量ったら、二日ほど夜食にラーメンを食べたからか、いつもより500g ほど増えていたので、夜食は食べずに自家製の餃子を作った。どうも、安いからとスーパーで買って帰る生餃子は、身も少なく味も今ひとつなのです。自分で美味しく作れる物は外では買わないという主義の亭主にとっては、30分ほどの餃子作りはわけもないこと。それが、つい安易に簡単ご飯のテレビ宜しく、陳列棚の商品に手にしてしまうのが我ながら情けないのです。

今朝は涼しすぎて目が覚めたから、書斎のエアコンを付け替えたばかりだというのに、昼も暑くはなりそうにないから、少し残念。朝食前にpekoの散歩に出れば、ウッドデッキの朝顔が葉は枯れているのに、まだ幾つも咲き出しているから驚きました。散歩から帰って目覚めの一服をしている間に、女将が「ご飯が出来ました」と食堂から呼んでくれる。蕎麦屋の残り物の野菜サラダを二人で分けて、鮭を焼いて海苔と味噌汁を付けただけの簡素な朝食でもう十分です。

最近は、歳を取って運動量の減った分、食べる量も減っている。毎朝、納豆や食後のヨーグルトを食べる分だけ女将の方が食べているかも知れない。昼は賄い蕎麦だけだし、夜は酒と肴だけだから、夜食を食べなければ当然のことながら体重は減るのです。プールで泳いだ後には少量のチーズを食べるようにしているけれど、これは筋肉修復のためのプロテイン摂取。最近は、女将もどこから情報を得たのか、晩の酒の肴にチーズのワンタン揚げを出してくれる。

蕎麦屋に出掛ける前に書斎に荷物を取りに行けば、入れ替えたばかりのエアコンがひときわ目立つ。今年は冬場もこれ一台で事足りるだろうと思うと嬉しい。30年も前のまだ若い時代には、冬は石油ストーブを焚くからと、クーラーだけを設置したのです。昔は、エアコンも音がうるさくて、亭主が仕事に集中できないからと、冬場もファンヒーターではない燃焼式のストーブをこの春まで使っていた。最新式のエアコンは、驚くほど静かで、換気に気を遣わなくても好い。

そんなことに気を取られて、出掛ける支度をしていたものだから、今朝は蕎麦屋に着いてコーヒーを入れて一服と思ったら、煙草を持って来るのを忘れて、もう一度家に取りに帰る。300m の距離だから、たいしたことはないけれど、気持ちの上で疲れたのです。蕎麦屋の前の畑の奥の森では、台風で倒れた大木を農家の親父様がチェンソーで切っていました。自分で出来るから凄いと隣組のスタッフに言ったら、昔大工さんだったお隣さんが手伝っているのだとか。

昨日の蕎麦が生舟に半分ほど残っていたから、今朝は一回だけ蕎麦を打つ。昨日とまったく同じ加水率で、同じ切りべら28本だから、太さも同じ。毎日、同じ品質の蕎麦を打てるのは、蕎麦打ちに精進する者にとっては、とても嬉しいことなのです。今日は隣町からいらっしたと言う蕎麦好きのご夫婦が、「お蕎麦がとても美味しかったからまた来ます」と、おっしゃって帰られた。後は常連さんたちだけ。昨日ほどお客が来なかったのは、曇り空で涼しい昼だったから。

そう言えば今朝は、いつも蕎麦屋の前あたりで、亭主がすれ違う若い女性が珍しく声を掛けてきて、「定休日は何時なのですか」と尋ねるのでした。蕎麦屋の先には、お袋様の住むマンションしかないから、いつも挨拶だけはしていたのです。常連さんの社長の会社に勤めている人なのかも知れないと、気にはなっていたのですが、そのうちにいらっしてくれるのだろうか。宣伝もしない蕎麦屋だから、ご近所の付き合いは大切なのです。客がいなくなっ午後に賄い蕎麦。

今日は定刻に店を畳んで、午後はプールでひと泳ぎ。女将はスポーツクラブに出掛けているから、帰りにコンビニで酒と煙草を買ったら、そのまま蕎麦屋へ寄って、明日の漬けものを漬けてくる。常連さんの農家のお婆さんが作ったという地這い胡瓜は、形は好くないけれど太くて新鮮だから好い。茄子も近所の農家の親父様が作るハウスものだから、この時期でも形が大きい。漬けものもやはり新鮮なものほど美味しく漬かるから嬉しいのです。明日からは三連休。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.